« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月の23件の記事

2016/09/30

オクトーバー ワインフェスティバル(横浜大さん橋)10月2日まで開催

今日、昨日コンビニで買ってきたチリワイン(750ml、確か600円前後)を
一口飲んだところで、あることを思い出しました。

そうだ!!「オクトーバー ワインフェスティバル」!!!

1週間前位に入っていた新聞の折り込みチラシをとっておいたはずなので、
探し出して改めて見ました。

10月2日まで横浜大さん橋開催なので、
明日行ってみようと思います。

私は赤ワインが大好きで、
毎日マグカップで2~3杯飲んでいます。

白ワインやロゼはあまり好みません。
ただし、魚料理にはやはりシロですね。!!!


私が愛用しているのは、
コープかながわで紙パックなどで販売している
「1.8Lで1,000円前後のワイン」ですが、
安くて心置きなく毎日飲むことができます。

定番の4種類くらいを毎週2本程度の割合で、
注文しているのですが、それを切らしてしまって、
今日は「コンビニのチリワイン」と相成ったわけです。

一口飲んで、いつもと違う味だったので、
ハッとして覚醒し、このフェスティバルを思い出したわけです。


★新聞の折り込みチラシ
1000


このチラシをもっていけば、
入場券が1,000円割引になり、60種類以上のワインが楽しめるとのこと。

毎年この時期、恒例で催しているようですが、
昨年初めて、病気療養中にやはり新聞の折り込みチラシで
この催しを知りましたが、退院して間もない私は敬遠・・・・。


しかし、今年こそはチャァ~レンジ!!!。


オクトーバーワインフェスティバル
http://octwine.peatix.com/?lang=ja

オクトーバーワインフェスティバル  2016年9月28日(水)~10月2日(日)
http://www.pieroth.jp/index.php?dispatch=products.view&product_id=10003210


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/09/29

「三谷幸喜のありふれた生活」、今日は「関ケ原の戦いと、大谷刑部」のウラ話

今日9月29日木曜日、朝日新聞夕刊5面の
「三谷幸喜のありふれた生活 818」は、
「関ケ原の戦いと、大谷刑部」のウラ話でした。

より正確に要旨を表現しようとすると、今日のコラムは
「真田丸の関ケ原の戦いと、大谷刑部を演じた片岡愛之助」の
ウラ話と言えます。

数週間前に放映された、
「真田丸」の「関ケ原の戦い」の描写は、とにかく斬新でした。

酒宴の席での、佐助の数分の報告だけで、
天下分け目の戦い「関ケ原の戦い」が表現されたのですから。


しかし、これは、ドラマ「真田丸」の
「主人公真田信繁が見たり聞いたりしたこと以外は極力描かない」
に則った、わかりやすく筋の通った演出です。

私もテレビを見ていて、「え!!これだけ?!!」と思いましたが、
十分に「関ケ原の戦い」がどういうものであったか想像できました。


今日の朝日の夕刊で、脚本家三谷氏が読者に伝えたかったことは、
大谷刑部を演じた片岡愛之助氏へのお詫びのメッセージでした。

大谷刑部(おおたに ぎょうぶ)・・・
  ホント!読み方がイマイチ難しい!!!、
は、三谷氏いわく、史実に従った描き方をしたらしいのですが、
ドラマでは御文庫での仕事、病のシーンがほとんどでした。

そういう大谷刑部も、関ケ原の戦いでは、
病をおして大暴れできることを、
片岡氏が、想像していたら本当に申し訳ない、、、、という
三谷氏のコメントです。


しかし、記事にあるように、私は、
「大谷刑部=覆面の武将」がしっかり、
この「真田丸」でインプットされました。

それだけでも、大谷刑部を演じた片岡愛之助は、
ドラマ「半沢直樹」のオカマの検事役ともに、
脳裏に残る役者となりました。

★朝日新聞の記事
(三谷幸喜のありふれた生活:818)次は砂漠かジャングルで
http://www.asahi.com/articles/DA3S12583686.html


それにしても佐助。
藤井隆が演じてますが、9月25日、
長澤まさみが演じる「きり」に思いを寄せている様子が、
藤井隆らしい演技でした!!!
「ガハッ!!」と2~3度笑えました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/09/27

【続】横浜赤レンガ薪能、読売と神奈川新聞で「袴能」の「船弁慶」の写真が掲載されています。

横浜能楽堂のTwitterページにも記載されていますが、
横浜赤レンガ薪能が翌日25日の新聞で報道されました。

★横浜能楽堂のTwitterページ
https://twitter.com/YokohamaNogakud?ref_src=twsrc%5Etfw


★赤レンガで薪能 : 地域 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)
http://www.yomiuri.co.jp/local/kanagawa/news/20160924-OYTNT50308.html

★横浜港を背景に薪能 赤レンガ倉庫で初の試み|神奈川新聞
http://www.kanaloco.jp/article/201458/
神奈川新聞の記事のほうが、写真が大きくて鮮明です。


ところで、読売新聞、神奈川新聞とも、
写真の鏡板の松が紫に見えるのはなぜでしょう???

実物は、茶色の幹に、緑色の松葉でした。

★終演後の舞台
Photo_4

Photo_5

★会場のそと
Photo

そう、この写真のように、平知盛が能装束で赤レンガ倉庫に現れていたら、
もっと迫力あったでしょうね。。。。

そうそう、会場では、薪がくすぶる「におい」が充満していました。

開演前、雨が少しひどくなったとき、薪の火が消えたのか、
もくもくと黒い煙がたってたり、めったにお目にかかれない
「雨の薪能」ならではの光景でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/09/26

館野泉氏、脳梗塞発病時の私の目標でした、今もそうです!!!。

2015年6月9日深夜2時、突然右手の真ん中にシビレを感じました。
へんなところだけど、こんなシビレを感じることもあるのだ。。。と、
気楽に見過ごしてました。

それから数十分後、今度は右頬のほんのある個所にシビレを感じました。
そのまま眠りにつきましたが、翌朝出勤途中、
京浜急行からJR東海道線への乗り換えのとき、
今度は右足裏にシビレを感じました。

こんなことは初めてで、妙に右側に集中していることに、
そのとき(乗り換えのとき)初めて妙な予感を覚えました。

実は、その年の前年の1月、父が左側脳に脳出血したのち、
数日後に亡くなってしまってました。
亡くなるまで父は右半身が不随で、意識もありませんでした。

右側に集中している!!!ということは、
父と同じ現象が私にも起きている!!!というのが、
私への警鐘でした。

ただ、突然倒れるまでもなく、私はまだ歩けています。

そこで、脳裏に思い浮かべ、私の励ましになっていたのが、
「館野泉は突然の出来事で、右半身が・・・」
「たとえ、私がどんなになろうとも館野泉のように
左半身で頑張ることはできるはずだ!!!!」ということが、
私にそれから起きる事実に立ち向かう勇気を与えてくれていました。

「どんなになっても、私は館野泉のように頑張る!!!」

その日(2015.06.09)救急車に乗りはしませんでしたが、
タクシーで出向いた病院で、私は即、
「脳梗塞」と宣言され、そのまま入院でした。!!!

幸い、1年半経過した体の右側は、シビレを感じる程度で、
生活に大きな影響は及ぼしていません。

館野泉氏の今日(2016.09.26)の
日経新聞の夕刊16面」、
「館野泉さん 弾くたびに発見、自分も成長」
という記事を読んで、改めて、突然の私の状況に
勇気を与えてくれた館野泉氏に感謝しました。

きっと、館野泉氏の演奏会では、
私はオイオイ泣いてしまうでしょうね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/09/25

元がトレテルと感じる月額432円の「dマガジン」

ずいぶん前から、購読している「dマガジン」
https://magazine.dmkt-sp.jp/

160誌以上の雑誌の最新号が、月額432円(税込み)で、
パソコンやスマホで読めるサービスです。

以前もこのブログで紹介していますが、
相変わらずこのdマガジンは、
私にとって「元が取れる」サービスです。

以前ほどには生活費に余裕がないので、
現在、年間購読している雑誌は皆無ですが、
それでも新聞の雑誌広告の見出しを見ると、
ついその雑誌を買ってしまいたくなります。

「dマガジン」が始まる前までは、
ついつい、すぐにその雑誌を買っていたのですが、
今はまず「dマガジン」をチェックします。

そして「紙」として残しておきたい記事は、
現物を購入する、という行動パターンになりました。


「160誌以上」ですので、
主な週刊誌、月刊誌は網羅しています。

私は、「家庭画報」「婦人画報」「クロワッサン」
などが読みたい雑誌ベスト3です。

★家庭画報
D


雑誌により期間が異なりますが、
バックナンバーも読めるので、
何度もいいますが、
「ヤッパリ、安い」、元が絶対とれてます。

「婦人公論」「暮しの手帖」も加わるとベストなんですが・・・。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/09/24

悪天候の横浜赤レンガ薪能、2日間の雨でヌルッとした舞台で演じた舞はさすが!!!

今日9月24日土曜日、雨にもかかわらず決行された「赤レンガ薪能」。

ここ2週間、雨続きの横浜、
今日の天気予報「曇り」だったにも関わらず、
お昼過ぎはまた雨脚が強くなってました。

2等席だった私は、チケットの払い戻しの手続きを調べたく、
横浜能楽堂のサイトにアクセスすると、なんと「決行」とのこと!!!

★twitterの画面
Takiginou

すぐに私はyahooの「雨雲ズームレーダー」にアクセスして、
雨雲の状況を確認しました。

★yahoo「雨雲ズームレーダー」
http://weather.yahoo.co.jp/weather/zoomradar/
横浜上空の雨雲の様子は、
厚く覆っている雨雲が開演の18時に移動する気配は感じられませんでした。

でも、主催者は決行するというアナウンス。
なにか秘策があるのか!?で、17時過ぎ会場に向かいました。
京急日ノ出町駅から赤レンガ倉庫まで歩く道中、
雨は降り続いています。

私は、Land'sendネットショップのバーゲンで買った、
オレンジ色格子のキャップ付きレインコートを着て、
気温が下がっても暖かくできるスタイル。

赤レンガ倉庫の会場に近づくと、雨合羽を来た人の長蛇の列。
「能」らしく「和服で傘」の女性も多数目にしました。

雨合羽を来た人たちで満員の会場のアナウンスでわかった、
今日の「雨天決行」にした秘策の二つ。
1.能は、「袴能」で演じる。
2.狂言は、「通常」で演じるが、能を先に演じる。

1について、さすがに雨の中での能装束はあり得ません。

小池東京都知事のリオオリンピックの雨で濡れた着物ですら、
その修復には、かなりの手間とコストがかかります。

その意味で、「袴能」という手法で公に演じることがある、
ということを初めて知ったのは今日の収穫の一つでした。

★「袴能」とは?
http://www.the-noh.com/jp/trivia/028.html


2について、実際、狂言を見る頃は、雨は完全に上がってました。
本来の「赤レンガ薪能」を来場者みんなが満喫できたと思います。

会場に出向いて初めて知ったのは、照明の演出もあったこと。
石井リーサ明理氏の照明は確かに赤レンガ倉庫にマッチしてました。

★演出された照明
Photo


子方と地謡の『そのとき義経少しも騒がず』という謡が
聞こえてきたときは、さすがに幼少の思い出に浸りました。


ところで、囃子と地謡は、どこにいたのでしょう?
囃子は絶対に雨にぬれない場所にいたはずです。
 →二等席の、舞台から遠くとぉ~く離れた席からは
  望遠鏡でもわかりませんでした。

運用について。
どうしても、直近でみた増上寺の薪能と比較してしまってました。
音量、場内アナウンス、客席による見え方などなど、
まだまだ改善の余地はあります。

赤レンガ倉庫という立地、
横浜港という立地、などなど、
薪能のポテンシャルはいろいろ持っています。

定期的に開催されることを期待しています。

それにしても!!!!。
終演後、舞台のそばまでいって、写真をとりつつ、
舞台を触ってビックリ!!!!

なにしろ、舞台設置以来、この2日間の雨で、
舞台がヌルヌルしていたのです。!!!

能舞台は通常からピカピカに維持されていますが、
こんなヌルヌルで滑りやすい状態で舞を躍っていたなんて!!!

幼少のころから能舞台で仕舞を経験していた私は、
さすがに、今日の能は「能を極めたプロ!!の技」と思いました。

平知盛の槍を持った装束の舞は、
写真だけの幻の演舞となってしまいましたが、
う~ん、是非、またいつの日か、
この赤レンガ倉庫の、海を背景の舞台の薪能で見たいものだと思いました。

★横浜能楽堂
http://ynt.yafjp.org/
★横浜能楽堂twitter
今回の薪能の舞台裏「スタッフの様子」がよくわかります!!!

https://twitter.com/YokohamaNogakud?ref_src=twsrc%5Etfw


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/09/23

「2か月置きの定期健診日の、その夜」=「ささやかな開放感を味わう時」

今日は、脳梗塞で入院した病院の定期健診の日でした。

2か月置きに通っている、
脳神経血管内治療科と糖尿病内分泌内科。

診断は、
「血液検査」と「尿検査」と「対面の会話」に基づくようです。

血液と尿は、その日に採取したもので
超特急で出された検査結果で医師が診断してくれます。

2つの科とも、今日は「経過良好」「落ち着いている」という
診断結果で、まずは一安心でした。


いつも定期健診で一番緊張するのは、
ヘモグロビンA1cと血糖値の検査結果を聴くときです。
(血圧は毎日自宅で測っているので状況は自覚あり)

今日の、ヘモグロビンA1cは6.3、血糖値は126でした。

前回(2か月前)、ヘモグロビンA1cは6.1と、
ここ数年来、ベストの値を記録してました!!!
しかし血糖値が170でした。

なので、今日のヘモグロビンA1cの値については、
体重がこの2か月で2キロ近く増えていることもあり、
絶対値が大きくなっているだろうという予想で
診察に臨みました。


しかし、ヘモグロビンA1cの値は6.1から6.3と、
極端に増えてなく、
また、血糖値も126とまぁまぁでした。

確かにお医者様の診断通り「落ち着いている」状況だと思います。

しかし、「ほんとに、ちゃんと薬を飲んでいる」結果であり、
「治癒している」とは言い難いものと自覚することは大事です。

私の脳梗塞再発のシグナルは、
「血圧が高い」+「ヘモグロビンA1cまたは血糖の値が高い」
の2点です。

去年の脳梗塞発病時がそうだったように、
「これらの値が高くなっている」としても、
「だるい」とか「フラフルする」とかの体調の変化は、
自分は全く感じることはできない。

「それでも、突然、脳梗塞になってしまうのだ!!」
という事象だけは脳裏に刻んでいます。

という状況でありますが、
健診日の夜って、毎回とても解放感を味わっています。
水代わりの赤ワインもがぶがぶ飲めル日もこの時だけです。

明日から、また、節制の毎日に戻しましょう・・・・。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/09/22

横浜駅西口中央口、10月2日からの一部閉鎖について

ここ数週間前から、横浜駅の中央通路を歩いていると、
駅員さんの構内アナウンス、
「10月2日からは横浜駅西口の中央通路から・・・は
 閉鎖されます。・・・・」が頻繁に聞こえるようになりました。

いまだに横浜駅はずっと工事中ですので、
今度は中央通路がどうなるのだろう・・・とおもって
ググると下記のおしらせがヒットしました。


★「横浜駅西口開発ビル工事に伴い
10月2日から工事期間中通路を一部閉鎖します」
JR東日本横浜駅長
http://www.sotetsu.co.jp/mt/news3/pdf/36494225f420ef6f77094f0d243bfc71a25dd
508.pdf

上記のPDFのとおり、10月2日から、
これまで横浜駅中央通路から高島屋へいくときに
歩いていた通路は閉鎖されます。

交番の前を通る屋外通路を通らなければいけません。
だとすると、雨の日なんか不便だな。。。。
今ですら人通りが多いのに・・・・。


ずっとずっと工事中の横浜駅は
西口が将来、下記PDFのように、
おしゃれで壮大なビルになるようです。

★(仮称)横浜駅西口駅ビル計画について
東日本旅客鉄道株式会社
https://www.jreast.co.jp/press/2013/20140302.pdf


現在、横須賀線の東京寄りホームで電車を待っていると
竹中工務店のマークが見えて、
ちょっと坂になっている工事現場で、
なぜかトラックが高速道路の下を右手向こうまで
行き来しているのによく出くわしてましたが、
ナゾが上記のPDFでとけました!!!

鶴屋町ビルというのにもつながるのですね!!!


なお、これまでとっても不便だった、
横浜駅西口地下街(ダイヤモンド街)へは、
駅中央通路(地下)から直結するようです。
下記のPDF、右側にその説明があります。

★「馬の背解消」
http://www.city.yokohama.lg.jp/shikai/pdf/siryo/j7-20150916-tb-22.pdf

ただし、平成32年完成とのこと。
あと、4年・・・・。あ!!2020年だぁ!!!

4年後の楽しみがまた、増えました!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/09/20

JAL機内販売のアビステ5連ブレスレット、届きました。おしゃれです。

先日9月11日の記事で紹介していた
JAL機内販売のブレスレットがとどきました。

★ブレスレットと箱
Photo

★ブレスレット
Photo_2


手にしてみて、写真のイメージ通りの商品でした。

次回、いつか、だれのかは、まったく予想できませんが、
結婚式などハレの舞台で装着したいと思います。

「いつか、だれのか」といった背景は、
私の姪と甥、計8人のうち、
この1年で2人が突然結婚式を挙げたのです。

式や披露宴に参列するとき、
新宿の伊勢丹で買ったドレスに
真珠のネックレスと、胸に大きな造花といういでたちでしたが、
このブレスレットが加わるとさらに晴れやかになります。


ところでところで、届いたブレスレットを手首につけた写真
も撮ったのですが、とてもとても公表できるものではありません。
なにしろ、手が悲しいくらいシワクチャ。
せっかく豪華なブレスレットもこれではキョーザメです。

「人はいくつになっても、美しい/ダフネ・セルフ」の本が、
朝日新聞の広告に出て以来、
その広告に表示されている目次の内容に同感するやら励みになって、
私はマダマダだ、でも目標だ!!!・・・・と思ってはいましたが、
ほんとに現実はキビシイ!!!

「人はいくつになっても、美しい」とは、
内面が外面を超越している人に与えられる言葉ですね。


明日、原著の「The Way We Wore: A Life in Clothes」が
アマゾンから届く予定です。


★The Way We Wore: A Life in Clothes
https://www.amazon.co.jp/dp/1447291913/ref=pe_492632_169829912_TE_dp_1


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/09/19

酒の肴に、糠漬け小松菜の鰹節あえ

酒の肴に、糠漬け小松菜の鰹節あえ

小松菜のあえものです。
★小松菜
Photo

糠床につけておいた小松菜を切って、
鰹節と醤油少々であえた一品です。

小松菜はゆでてあえるより、
糠漬けにしたほうがシャキシャキ感があり、
美味しく感じます。

野沢菜の漬物に似た触感と味です。

上記のように、つくり方はいたって簡単。
なにしろ火は使いません。

小松菜は洗ってキッチンペーパーで水気をとり、
糠床に丸2日つけておきました。
(私は糠床は冷蔵庫に保管しています)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/09/18

安く簡単に作れて美味しい「カレーうどん」

土日のお昼は麺類を食べることが多いのですが、
最近定番になっているのが、「カレーうどん」

★カレーうどん
(小口切りにして冷凍していた博多ねぎをトッピングしました。)
Photo_3


食欲がないときも、これで力がつきます。

材料は、ヒガシマルカレーうどんスープとうどん一袋のみ。

つくり方は簡単。

1.鍋に300mlの水と、カレーうどんスープを1袋入れ
  混ぜて煮る。
2.うどんを入れ、2分煮込む。
これだけ!!

★パッケージ表
Photo

★パッケージ裏
Photo_2


スープの値段は、3食分入って、税込み147円。

甘辛く煮た牛肉、玉ねぎ、卵などをトッピングすると、
豪華になります。

スープは、スーパーやコンビニで買えます。
アマゾンでも売っています。


★ヒガシマル醤油株式会社
カレーうどんスープ
http://www.higashimaru.co.jp/products/curry/curry.html


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/09/16

日経新聞に、JR九州の「株式の売出しのご案内」の全面広告が出ました。

今日9月16日の日経新聞34面に
JR九州の「株式の売出しのご案内」の全面広告が出ました。

この案内は朝日新聞にはなかったので、
日経新聞だけだった可能性があります。

今年の10月25日、東京証券取引所に新規上場予定です。
ブックビルディングで売り出しが行われますので、
株式購入希望の人は、ブックビルディング期間中に購入希望を
行う必要があります。

ブックビルディング機関:平成28年10月7日(金)~10月14日(金)
幹事証券会社:野村證券、三菱UFJモルガン・スタンレー証券、
       JPモルガン証券、SMBC日興証券

★JR九州(九州旅客鉄道株式会社)の紹介動画
http://www.jrkyushu-ipo.com/pc/
映像は15分47秒あります。メニューは
 ・JR九州代表取締役の挨拶
 ・JR九州グループの事業展開
 ・総合的なまちづくりの取り組み
 ・JR九州グループの中期経営計画
 ・主な経営指標等
 ・株主還元方針
 ・売出しの概要
 ・取扱証券会社


福岡出身の私は、この会社の将来性は「期待値大」とみています。

なにしろ、九州7県(福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島)
を網羅し、博多・長崎をはじめとして観光資源が豊富です。
アジアの玄関としての役割も果たし外国人旅行者の増大も見込めます。

それに「ななつ星」電車の企画運営など、
JR各社に先駆けた取り組みも評価できます。

★ななつ星in九州
http://www.cruisetrain-sevenstars.jp/train_info.html

神奈川在住の株主としては、キャピタルゲインを期待します。

まずは、補欠だったけど結局外れたLINEの上場のときと同じように、
幹事証券会社野村證券のサイトで、
ブックビルディングの申し込みをしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/09/15

そうそうたるメンバーだった、ヒラリーの「外交レビューは日本」

今日の朝日新聞の朝刊11面の
「ヒラリー vs.トランプ 米国の選択 ヒラリー編:9」の
「外交デビューは日本」の記事は、
「あ、切り抜いておこう・・」と思わせる記事でした。

このコラムでは、ヒラリー・クリントンの生い立ちから今日にいたるまでを
連載しています。

今日の記事は、ヒラリーが大統領夫人として最初の
外交レビューをした舞台は、日本だった・・・という書き出しで始まります。

1993年G7東京サミットで来日した際に、
彼女が催したある会合を紹介しています。

その出席者が、
当時、日本の各界で活躍する女性10人らしいのですが、
ピアニストの中村紘子、
ザ・ボデイ・ショップ、ジャパン初代社長の木全ミツ、
慶應義塾大学名誉教授の岩男 寿美子、
東京都知事小池百合子などが
そのメンバーだったと記事に書かれています。

新聞紙面では、小さい写真なのでよくわからないのですが、
朝日新聞デジタルでは拡大した写真が閲覧できます。

★(ヒラリーvs.トランプ 米国の選択)ヒラリー編:9 外交デビューは日本
http://digital.asahi.com/articles/photo/AS20160915000326.html

ヒラリークリントンは後列左から4人目です。綺麗!!


この写真では、ほかにも、
フジテレビスーパータイムの幸田シャーミンの顔も見えます。


まさしく、当時から現在にいたるまで、
各界で女性が活躍する現場を貫いている人たちです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/09/14

朝日夕刊「幻風景 写真家・丸田祥三」、今日も「これほんとに写真ですか?!!!」に遭遇

毎週水曜日の朝日新聞夕刊に「幻風景 写真家・丸田祥三」
というコラムがあります。

写真家丸田祥三氏の写真をカラーで紹介し、その写真について、
140文字くらいで建物などの被写体の背景を説明しているコラムです。

今日の「紡績の町 発展の証人」は、
「これほんとに写真??!!」という写真でした。

まるで「絵画」としか思えません。
どういうところが絵画としか思えなかったかというと、
建物の外壁です。

このコラムは1年以上続いていますが、
半年くらい前だったでしょうか、その日もやはり、
「これって、写真?絵じゃないの~?」という
丸田祥三氏の写真に遭遇しました。

当時もそれまで何度もこのコラムを見るたびに、
「写真じゃなくて絵でしょ?!」と思ってましたので、
とうとう私はその翌日、朝日新聞に電話をしてしまいました。

「●月●日夕刊の『幻風景』のカラー画像は、
絵ですか?写真ですか?」という私の問い合わせに、
「お客様相談室」(?正式名は失念)の方は、
はっきりと「これは丸田祥三氏の写真です!!」と答えられました。

ということで、それ以来毎週、「これは写真なんだ!!」と
思ってコラムを見ていますが、本当に、
「幻風景」です。


著作権の関係で、
今日の夕刊の、スキャン画像は掲載できませんが、
明日になると、下記のURLのようにネットでも閲覧できると思います。

★(幻風景)交差する未来と昔 写真家・丸田祥三:朝日新聞デジタル
http://digital.asahi.com/articles/DA3S12526738.html

★★(幻風景)渡れない橋 写真家・丸田祥三
http://digital.asahi.com/articles/DA3S12172917.html


「カメラのレンズを通すと、幻想的な絵になる」という、
丸田氏の直観力がスゴイと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/09/13

セブン&アイ・ホールディングス鈴木敏文氏の10回シリーズ「人生の贈りもの」の記事は、ビジネスの示唆に富む(朝日夕刊)

現在、朝日新聞夕刊で連載されている、
セブン&アイ・ホールディングス名誉顧問の鈴木敏文氏の記事は
毎回、ビジネス、特に経営の示唆に富み、
さすが鈴木敏文氏!!と納得してしまいます。

★朝日新聞「人生の贈りもの:わたしの半生」
セブン&アイ・ホールディングス名誉顧問 鈴木敏文
http://sitesearch.asahi.com/.cgi/sitesearch/sitesearch.pl?Keywords=%E4%BA%BA%E7%94%9F%E3%81%AE%E8%B4%88%E3%82%8A%E3%82%82%E3%81%AE&Searchsubmit2=%E6%A4%9C%E7%B4%A2&Searchsubmit=%E6%A4%9C%E7%B4%A2

上記のページでは、これまでの記事の目次を見ることができます。


今日9/13は7回目で、消費税還元セールの話でした。

昨日は、セブン―イレブンの店主が使う発注システムの開発、
その前は、開業当初のセブン―イレブンでの商品の仕入れ方法、
さらにその前は、1974年の開業当初のセブン―イレブンの品ぞろえ、、、、
などなど。


ここまでセブン&アイ・ホールディングスを育て上げた、
鈴木氏の考え方、行動の仕方などが、
インタービュー形式で紹介されています。

10回シリーズなので、あと3回ですが、
鈴木氏の想像力、独創性、そして、決断力、行動力、、、、など
彼の非凡なる才能について知ることができます。

鈴木氏の人生の、ほんとにホント概要ですが、
「なるほど、そうだったのか・・・・」とか、
「あの出来事の裏にはそういうことがあったのか・・」などなど、
ためになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/09/12

妹の還暦祝いに前原光栄商店の傘を手配しました。


来月、上の妹は還暦を迎えます。
お祝いとして、前原光栄商店の傘を名入りで送ることにしました。

★手配した傘
ラルフレッド(16本骨傘)
Photo_2


http://www.maehara-e-shop.jp/shop/item_detail?category_id=480207&item_id=2089327


私は、前原光栄商店の傘は2本持っていて、
10年以上愛用しています。

神奈川生協の通信販売カタログが最初の出会いです。

カタログの写真と説明しか見ていないのですが、
色・形がとても気に入って注文しました。
その後、時をおいて色違いを注文し、
それ以来ずっと愛用しています。

なにしろ、お気に入りです。

数か月前、このブログで紹介した
「横須賀線で傘を忘れ、千葉駅まで取りに行きました」と
書きましたが、その赤い傘が購入した1本目の傘です。

妹にプレゼントするために、私は、
新御徒町にある前原光栄商店のショールームに初めて出向きました。

プレゼントするからには、
色合い・素材だけでなく、傘の開き具合なども
実際確かめて、選びたかったのです。

横浜高島屋や横浜そごうにも、
前原光栄商店の傘は売っているのですが、
やはり「本店」から妹に送りたい!!!

ショールームは、ホームページにあるように、
傘のイメージ通りで、ホームページの写真通りのお店でした。
★ショールーム
Photo

http://maehara.co.jp/showroom01.html


手元(持つところ)も料金内で選択できるのですが、
実物をみながら選べたのも、本店?ならでは!!
でないでしょうか?

手元は、掴むところが女性用に少し細くなっていると
いうのを選びました。


名入れ後、ギフトパッケージに入れて、
福岡の妹のところまで宅配便で直送してもらうのですが、
きっと喜んでくれると思います。

★前原光栄商店のホームページ
http://maehara.co.jp/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/09/11

JALの機内販売は、文字通り「機内販売」、買っておいてよかった!!!!

先週の日曜日の夜、福岡から東京へはJALで帰りました。
福岡での姪の結婚式のため一泊2日の旅でした。

座席にある機内販売の雑誌を読んでいると、
お手軽な価格のレインコートを見つけました。
色もデザインも私好みで、税込みで5,000円です。

★レインコート
Photo_4


ちょうど薄手のレインコートがほしかったので、
客室乗務員の方に声をかけて、早速買いました。

この数年、父の法事などで年に数回、
東京←→福岡を飛行機で行き来していましたが、
機内販売を利用するのは久しぶりです。

おそらく、10年以上前にヨーロッパに旅した時以来と思います。

それで、あまり機内販売について詳しくなかったのですが、
「機内でしか買えないもの」ってあるようです。

現に、私が買ったレインコートは、
JALオンラインショップでは売ってませんでした。


客室乗務員の方は、
「このコート、とっても人気なのですよ」を言われていたので、
そういう人気商品は本当に機内限定なのかもしれません。

そして、その係のかたは、
ほかにも私に商品を進めてくださったのですが、
「う~ん」、我慢しました!!!。

ほんとによい製品(フェラガモのストール)だったのですが、
ちょっと色が緑っぽかったので、遠慮しました。
これがネイビー(紺)だったら、買っていたでしょう。

これも、実際に搭乗していないと入手できないものですね。
かなり探したのですが、オンラインでは売ってませんでした。
本当に、「機内限定販売」と言えるのではないでしょうか?

なお、その客室乗務員の方は、私に、
はがきで注文できるリーフレットもくださいました。

もらったリーフレットは、閲覧だけはオンラインでもできます。

★もらったリーフレット
https://www.jal.co.jp/dom/service/jalshop/book160910/#page=19

みていたら、コートの隣にある、ブレスレット。。。
ほしくなりました。


もちろん、機内でもらったリーフレットのはがきで注文できます。


★ブレスレット
Photo_3

これで5.000円はお安いと思います。

どっちにしても、雨の日が楽しみです。


ということで、「鉄は熱いうちに打て!!」を
買い物で実感しました。

もし、機内で購入を迷ったときは、是非、
はがきで注文できるリーフレットをゲットしておきましょう!!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/09/10

だれでも手軽に糠漬けを始められる「熟成 ぬか床」(648円)

ここ1か月、糠漬けに凝っています。

糠床を自分で最初から作るのは難しそうなので、
スーパーで「すぐに漬けられる糠床ありますか?」と尋ねて、
紹介してもらったのが、「おばあちゃんの味 熟成 ぬか床」。
648円でした。

★おばあちゃんの味 熟成 ぬか床
Photo_2

横幅は20センチくらいの、チャック付きの袋になっていて、
本当に野菜をいれるだけで、糠漬けができます。


前の晩に野菜を入れ、冷蔵庫に入れて置き、
24時間後の晩に取り出して食べています。

★きゅうりと人参と大根
Photo


買ったのは、
そごう横浜店の地下2階の「ザ・ガーデン 自由が丘」
漬物売り場においてありました。
★「ザ・ガーデン 自由が丘」横浜店
http://www.garden.co.jp/store/yokohama/

「おばあちゃんの味 熟成 ぬか床」は、
下記のサイトの「樽の味」という会社の商品です。

下記のページには、美味しい漬物のつけ方などの
ノウハウも紹介しています。

★昔ながらの漬物屋「樽の味」
http://www.tarunoaji.com/l_nukadoko2.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/09/09

【続】脳梗塞と下痢の関係、99.5%、やはり「ステロイドと関係ある」と分析

以前、このブログで、「突然訪れる激しい下痢」のことについて書いたことがあります。

2016/6/22
「脳梗塞と下痢の関係、99%原因はこれ(ステロイド軟こう)ではないかと。。」
http://noriko.way-nifty.com/noriki_bar/2016/06/post-bbc3.html

それにも書いていたように、昨年より数か月、激しい下痢に悩まされ、
仕事で得意先に行く時は「おむつ」なしでは過ごせない日々、もありました。

この下痢の原因が全くわかりませんでしたが、
上記の記事で書いたように、なんとなく、
顔の皮膚の一部のただれ用に塗っていた「ステロイド軟こう」と
連鎖している傾向を掴みました。

私は脳梗塞の病気のため、毎日、
「血液をサラサラにする薬」を飲んでいます。


皮膚科の先生にそれを伝えていればよかったのでしょうが、
服用している薬について尋ねられもしなかったし、
処方されたのは飲み薬ではなく「軟膏」だったので、
使用できる指定された日数は大体守りましたが、
その後も、よく小鼻がただれていたので、
そのたびにその軟膏を塗ってました。


前置きが長くなりましたが、
先月、また、モーレツな、突然の下痢に遭遇しました。

その軟膏はここ数か月使ってなかったのですが、
「小鼻用のステロイド軟膏はここ数か月使ってないのに・・・・
なぜ?なぜ?」と不思議で仕方ありませんでした。

ところが、ところがです!!!
このブログでも書いていた、見っけたよく効く
「頭皮用の市販の塗り薬」が、なんと「ステロイド入り」だったのです。

白髪染めをしては頭にデキモノができ、
そのたびに使っていた、この数か月前に見つけた
「頭皮用の市販の塗り薬」は
私にとって、バツグンによく効く塗り薬でした。


マッチポンプの関係ですが、なくなったので、新たに最近、
その「頭皮用の市販の塗り薬」を薬局で買ったところ、
パッケージに「ステロイド」という文字がありました。

「ええ!!??これって・・・」と驚いてしまいましたが、
「ステロイド入り」ということに気づかずに、使っていたのですね。。。


これで納得です。
つまり、先月の突然の下痢も、その「頭皮用の市販の塗り薬」を
少し多めに使っていたというのが原因ではないかと思います。


「血液をサラサラにする薬」+「ステロイド」=モーレツな突然の下痢

この関係をさらに決定的にする出来事に遭遇し、
脳梗塞患者のモーレツな下痢の原因の確率を、
0.5%アップして、99.5%とします。

今日は、「脳梗塞を発病して1年3か月」の日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/09/08

2016年10月から、横浜「あかいくつ」バスは100円ではなく220円になる!!

横浜MM21、中華街、元町などの横浜の名所を回るとき、
100円バスはとても便利です。


なにしろ「100円!」と、
「乗ってみたい!!」と思わせるあのレトロっぽい車体!!

★大人100円、子供50円 毎日運行!「あかいくつ」
http://www.yokohama-bus.jp/akaikutsu/

現行では、中華街・元町ルートとみなとみらいルートがあります。


ところがショッキングなことに、来月から「100円バス」ではなくなります。

なぜ値上げするかの事情は下記のページの記事でわかります。

★あかいくつは増車・増便し100円から220円に値上げ。
http://www.hamarepo.com/story.php?page_no=1&story_id=5152&from=http%3A%2F%2Fwww.hamarepo.com%2Ftop.php%3FfromStory%3D4687%26fromStory%3D5146


値上げは悲しいことですが、別の新たなお楽しみもあるようです。

というのは、エリア内の市営地下鉄、市営バスが1日乗り放題の
「みなとぶらりチケット」はこれまでと同じ500円ですが、
そのエリアがひろがります。

三渓園や野毛山動物園まで行けるので、
これは絶対お得です。

★「みなとぶらりチケット」は適用エリア拡大し、チケットデザインをリニューアル
http://www.yokohama-bus.jp/topics/

★みなとぶらりチケット
http://www.yokohama-bus.jp/common/files/20160830154154u.pdf
このページの観光おすすめプランは、とても参考になると思います。

横浜観光は是非、この「みなとぶらりチケット」を利用しましょう。
見どころ満載です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/09/07

「Ghostery」が更新されたらしい。。。

「Ghostery」が更新されたらしい。。。と、
今日のブログ記事のタイトルにしましたが、
「Ghostery」って、なんだっけ??と思ったのが正直なところ。

私は、WEBブラウザを複数使っています。
毎日欠かさず使っているのは、IE11、FireFox、Chromeの3種類です。

そのうち、Chromeを先ほど使ったところ、
いきなりメッセージダイアログが出てきました。

残念ながらその画面ショットはとってなかったのですが、
機械翻訳みたいな日本語で、
「私たちはGhosteryを更新しました。是非使ってみてください。。。」
みたいな簡単なメッセージでした。

正直「Ghosteryってなんだっけ???」と思いました。

クロームのツールは、下の図のようにたくさん使っているので、
Ghosteryはそのうちのひとつという認識はありましたが・・・・。

★私のクロームツール
Photo_2

そう思いながら、あるページを見ると、右下に、
えんじ色のダイアログがでてきました。
そして、WEBページを変えるたびにその表示が変わるのです。

それで思い出しました!!!!
Ghosteryは、そのWEBページに設置された、来訪者のトラッカーツール、
だったことを。。。。

★あるメジャーWEBサイトのGhosteryの表示
Gotry


そう、私は、こういうツールでネット上の足跡を
知らない組織や人たちにそのまま記録されているのです。

あらためて、インターネットの凄さ&怖さを認識しました。

★Ghostery とは
https://chrome.google.com/webstore/detail/ghostery/mlomiejdfkolichcflejclcbmpeaniij?hl=ja

上記のサイトで、Ghostery の機能については、
下記のように紹介されています。

「Ghostery は、Facebook や Google、その他500以上の広告ネットワーク、行動データプロバイダ、ウェブパブリッシャーなど、あなたの行動様式に関心のあるあらゆる企業が設置したウェブページ上の「見えない」ウェブを見つけ、トラッカーやウェブバグ、ピクセル、そしてビーコンなどを検出します。 管理 Ghostery では、不審な企業からのスクリプトや、画像、オブジェクト、フレーム付きドキュメントなどをブロックします。」

新しくなったというGhosteryの機能については、
これからウォッチしながら、追跡していきたいと思っています。

★Ghosteryの案内(このメッセージはいつでも見れます)
Photo


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/09/06

横浜のお土産ならコレです!!、絶対おすすめ、トランプ「Yokohama Story」

横浜に遊びに来てくださった皆さま、
あるいは、横浜のお土産を探している皆さま、
記念品あるいはお土産には、
最近発見した、「Yokohama Story」というトランプがお勧めです。
税込み1,080円です。


まず、このトランプの存在を知ったのは、横浜高島屋のチラシでした。
神奈川県特産品のフェアをこの8月末に開催していて、
その中に、このトランプが紹介してありました。

小さな写真でしたが、遠目からみても、このトランプには
私の好きな「ヨコハマ」がたくさん描かれている様子で、
是非、このトランプがほしい!!と思って、でかけました。


そして、なんと、横浜高島屋に行く前に、
柳原良平展のために立ち寄った
横浜みなと博物館のミュージアムショップに
そのトランプがおいてあったのです!!


ちょうど、私は、姪の結婚式のために、
福岡に行く予定があり、結婚式のついでに、
翌日、時間をずらして、友達3組に会う予定も組み入れていたので、
これをおみやげにもっていきました。

★パッケージ
Photo_2

Photo_3

★トランプ
Photo

トランプカードの箱には、
・Playingu Cards
・Yokohama Story
・54scenes Collection of the yokohama story
・yokohama Story TUBAN
playing cards
Made in Blueright Yokohama
と書かれています。

確かにカード54枚それぞれに横浜市内の名所旧跡の絵が描かれています。
その絵、1枚1枚がとても素敵なのです。

横浜大好きの私は、まずは、
カード54枚の絵の鑑賞が楽しみです。

★TUBAN画廊横浜倶楽部
http://tuban.sakumay.net/
このトランプを販売している場所の紹介があります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/09/05

「アンクルトリスの楊枝入れ」も飾ってありました。柳原良平「海と船と港のギャラリー」

先週、横浜みなと博物館で開催されている
「柳原良平 海と船と港のギャラリー」に行ってきました。

★ポスター
1


http://www.nippon-maru.or.jp/events/2016/07/10101123.html

横浜港の船を中心として、様々な船の絵が展示されていました。
絵葉書も売っていて、1枚100円で買えました。

私が一番好きな絵は、
「横浜港」 リトグラフ です。
★横浜港
Yokohamakou

1990(平成2)年頃の絵とのことですが、
客船、富士山、横浜三塔(キング、クイーン、ジャック)が描かれています。

当時はまだ今の大さん橋ではなかった時の絵ですが、
桟橋からの風景が、今も昔も変わらないことを実感できます。


ギャラリーでは、柳原良平が手掛けた絵本やカレンダーなども
展示されています。

それに、初代アンクルトリスの楊枝入れもショーケースに飾ってありました。

約40年前、サントリーに勤めているとき、
ノベルティ「アンクルトリスの楊枝入れ」は
業務店さんにとっても人気でした。

★柳原良平 オフィシャルサイト
http://yanagihara-ryohei.jp/works-1.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »