« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »

2019年10月の12件の記事

2019/10/30

初対面で「おひとつ如何?」とミントを1粒渡す。これはない!!!私にとってこの行動はありえません。

今日の日経新聞夕刊の「プロムナード」は
ロバート キャンベル氏の「ミント1粒の間柄」でした。

キャンベル氏の、GINZA SIXの観世能楽堂での体験。
私もその一昨年の能楽堂のこけら落し講演を観ているだけに
その会場の雰囲気が手に取るようにわかります。

今日のエッセイによると、
「お隣の席に居合わせた方の、
 顔はしっているけど声をかけたことはない」有名人から、
「おそらく先方もこちらのことは知っているだろうと思える」
自分に、初対面でかわされた言葉。

それが、ミントを1粒渡されながらの「おひとつ如何?」

だったとのこと。

ありえません。!!!
なぜかというと、「ミント」1粒。てところ。

これを初対面で最初に渡されたからには、
「隣に座っていて、口臭など(ないのに)不快な思いをさせていたのかな?」
とまず、思います。

劇場でなくても、日常生活で、
あまり親しくない人から、キャンディーやガムなどを
「頂戴」することがあるのですが、
こういう場合、まず、
「不快感があったために、勧められるのかな・・・」
って、思います。
そして、その後、その方に対してはとても恐縮してしまうのです。

とにかく、飴でもなんでも、「おひとつ如何?」って、
会話の突破口を開ける目的でそれを突然渡されたとしても、
「っはっはぁ・・・どうも・・・」で、
大変、居心地が悪いです。

先方は、そういう意図(不快感があったので)はみじんもなく、
ただ単に、自分もなにか口にくわえたいので、
お親しくなりたいという意思の突破口としての小道具
であったかもしれません。


しかし、初対面の方に、初めての会話として、
「おひとつ如何?」とミントを1粒渡す、
この行為は、大変、失礼と思います。

私なら、こういう場合、
まず「始めまして」と相手の目を見つめながらご挨拶します。

★日経新聞「ミント1粒の間柄」
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO51344780U9A021C1FBB000/

| | コメント (0)

2019/10/27

この秋のドラマは3番組に注目。グランメゾン、はる、ドクターX。

2015年に脳梗塞を発病するまで約20年近く、
考えられなかった大きな生活習慣の変化。
それはテレビドラマを見ること。です。

発病まで、毎日早朝深夜まで仕事、土日祝日も出勤、でした。
したがって、テレビは全く見てませんでした。
「連続テレビドラマ」を見るなんて考えられない世界でした。

といっても、ここ1~2年は発病前の生活
つまり、深夜帰宅とか、休日出勤、等の状態に
戻りつつあるのですが、ここ数年体験している、
「テレビの面白いドラマ」はできるだけ見る、
という方針は持ち続けたいと思います。

というわけで、私が今日現在ハマっているドラマは下記。

日曜日「いだてん」
 ・・・視聴率が悪いとかいろいろ悪評がはびこっていますが、
    私は面白く見ています。
    https://www.nhk.or.jp/idaten/r/
日曜日「グランメゾン東京」
 ・・・キムタクは好きでも嫌いでもなく、
    このドラマの「食へのこだわり」に惹かれています。
    https://www.tbs.co.jp/grandmaisontokyo/
月曜日「ハル~総合商社の女」
 ・・・テレビ東京のドラマBizは欠かさずみてますが、
    先週からはじまったハル、第1回目から
    私に「欠けている点をきづかされる」内容です。
    https://www.tv-tokyo.co.jp/haru/
木曜日「ドクターX」
 ・・・大門未知子のキャラは大嫌いです。
    腕が良くてもその他の人間性は私にとっては「最低」。
    でも、医学の世界ではそういう腕こそ必要なのです。
    大門未知子、陰では相当勉強しています(とのこと)。
    このドラマ、わき役が超おもしろく、いつもハマります。
    https://www.tv-asahi.co.jp/doctor-x/

というわけで、いずれも
私が仕事を続ける上で
大変参考になるドラマです。

平日の番組は、放映時間に帰宅できない確率が高いので、
ビデオの予約録画してます。

| | コメント (0)

2019/10/26

テレビ東京「アド街ック天国~横浜黄金町~」、我が街黄金町の特集でした。


「絶対!、黄金町で降りてはいけません!!!」と、
横浜在住の友達は幼いころから母親に言われていたそうです。

くしくも、今日、それと同じセリフを、
テレビ番組の出演者が発したことで、
「やっぱりそうだったんだ!!」と再確認しました。

その番組は、テレビ東京「出没!アド街ック天国~横浜黄金町~」
https://tver.jp/episode/64342043


私は、この街に20年以上前に娘と一緒に引っ越してきました。

「女と子供が住める街」「流れ流れてたどり着いた街」
という感覚で引っ越したのが、今住んでいるこの黄金町です。

引っ越した後に知ったのは、
黒澤明監督の映画「天国と地獄」の「地獄」の舞台となったところ、
ということでした。
それを知った当時、まさしく私にピッタリの街ではないかと思いました。
地獄だからという訳でなく、地獄に入るにふさわしい私が住むところ
としてまさしく適切なところだった、、、、です。

というわけで住んでなんだかんだと20年以上経つわけですが、
今日の番組を見て、
さらに「黄金町は面白い街!!」と改めて思いました。
このめぐり合い、大切にしたいと思いました。

 

| | コメント (0)

2019/10/24

やり場のない状況「niftyココログとgoogleアドセンスの関係」、これを突破するにはどうしたらいいのか???

 

私はこの夏、あることを証明したく、予定より数年早めて、
「自分のブログにgoogleアドセンスを表示」できるように
資金を投入し、いろいろ試みましたが10月現在の今も未達成です。

googleアドセンスが自分のブログに反映できるようになるには、
1.独自ドメインであること
2.しかもそのドメインは、サブドメイン付きではないこと


これらをクリアしなければ、
「自分のブログにgoogleアドセンスが表示」できるようにはなりません。

特に高いハードルは上記の2です。

ニフティココログでは、
独自ドメインを取得しても、サブドメイン(www.等)が必須です。
例えば私のブログのように、費用をかけて取得できた独自ドメインは
http://www.noriki-bar.com/になります。

この独自ドメイン取得の費用は
初期費用だけでなく、月々の運用費もかかっています。

ところが、このために独自ドメインを取得したにもかかわらず、
これでアドセンス審査を行うと、
「お客様のサイトにリーチできません」と表示され申請すらできない状況です。

つまり、グーグルは
http://noriki-bar.com/しか審査対象にしないのです。

ある情報によると、2019年4月ごろからこの現象が起きているそうです。
(www等サブドメインなしのURLでしか審査対象にしない)

 

本日、ニフティのサポートセンターから届いた回答によると、
こういう状況への対策は無策のようです。
(実はこの回答は質問した日から数か月たってます)

ニフティの回答によると、
http://noriki-bar.com/は、ドメイン@niftyでは
サブドメイン(www)なしでのドメインマッピングが設定できないため、
希望の転送(http://www.noriki-bar.com/からhttp://noriki-bar.com/)
はできないとのこと。


つまり、2019年10月現在の今、いくら私が
独自ドメインの費用を毎月負担していても、
ドメインはhttp://www.noriki-bar.com/であり、
グーグルの審査対象のhttp://noriki-bar.com/へはマッピングできない。

つまり、ニフティのココログにおいては、
たとえ独自ドメインを有料で取得したとしても、現状では
「自分のブログにgoogleアドセンスを表示」は不可能ということです。


このやるせない「niftyココログとgoogleアドセンスの関係」。
このために、私は
夏の数週間自分のブログを閉鎖せざると得なかったことも併せ、
一体、このやり場のない怒り、どう突破すればいいのでしょう。

明日から数日、冷静に対策を講じたいと考えています。
ともあれ、当然というか、お高いというか、
Googleには顧客の声を直接聞いてくれるサポートセンターはありません。

しかしそうではあっても、まず、なんとしてでも、
「2019年4月ごろから、こういう状態にしたGoogleの事情」
の理由を把握したいと思います。

Googleという高い壁をいかに乗り越え、さらに、
今の苦難を乗り越えられるのか乗り越えられないのか、
Google側の対応をなんとしてでも得る方法を考えます。

 「苦難」とは大げさのようですが、
 なにしろ、少ない収入の中、無駄な追加の費用負担がかかっている状況の中
 「2019年4月頃から、なぜGoogleがこの処置を始めたのか」を知り、
 納得いく回答が得られたら、次の対策を考えます。 

巨大な目に見えぬ敵がいる、ということだけを実感している今です。

| | コメント (0)

2019/10/23

「即位礼正殿の儀」、雨で予定の儀式は縮小されましたが、それ以上に自然の恵みに感動。


10月22日の祝日、
私は生涯もう二度と見られない「世紀の祭典」「即位礼正殿の儀」を
テレビの生中継で注視してました。

当日はあいにくの雨。
宮殿・中庭に配置されるはずの装束姿の職員は3分の1ほどに減らされ、
宮殿の廊下などに配置されるとのこと。
残念のひとこと。

テレビの旗だけの広い中庭の映像を苦々しく見つめてました。
晴天ならばここに平安時代さながらの光景が展開されたはず・・・。


しかし、横浜在住の私、確か12時45分位だったと思いますが、
空が明るくなって太陽の光が部屋に差し込んできました。

え?雨がやんだ??。
東京の西に位置する横浜の天気は、やがて東京も同じ現象になります。
しかし、残された時間は「即位礼正殿の儀」の開始までほんの僅か。
今更、「晴れ」の配置に戻すことは不可能。

そして、テレビの「即位礼正殿の儀」生中継中、
確かに、空に青空を確認できました。
きっと会場にも私の横浜と同じ光景が発生したのでは?と思いました。
つまり、「空が明るくなって太陽の光が部屋に差し込む」

15時過ぎのNHKの番組で、その時間、東京の空に
虹が発生している視聴者の画像が公開されました。

なんと素晴らしいことでしょう。

この雨と晴天については、古事記等歴代の天皇の逸話があるらしいのですが、
私はそういう逸話とは別に、この虹について下記のように考えます。

雅子皇后はお世継ぎ等について大変苦しまれました。
しかし、令和天皇はそれを「全力で」支えてこられています。

お二人とも実に秀でた人格をお持ちの方です。

このお二人の夫婦愛こそ、令和の時代、
そして、世界平和の持続を実現する源となる「希望=虹」が
本当に自然界で表れた!!!、と思いました。


★【即位礼正殿の儀】皇居に七色の虹が

かかる!天照大神から祝福された天皇陛下
https://seikatuhack.com/sokui-niji/

| | コメント (0)

2019/10/22

「料膳 にし川」(福岡太宰府)、3カ月先でも予約できず。にぎわっているようでなんだか嬉しいです。

 

このブログで、2016年1月に書いた「料膳 にし川」。
3カ月先でも予約できないとのこと。

父の7回忌の法事、来年の1月に福岡で予定していて、
お寺様の「筑前国分寺」の予約はできました。

しかし、そのあとの会食場所
私が希望していた「料膳 にし川」は、
福岡在住の妹が電話で予約しようとすると、
3カ月先にも関わらず、すでに予約満杯とのこと。

残念!!という気持ちと、なるほど!!!という気持ち。

「心に残って、このブログに書いたお店が繁栄している」
ってことはとっても嬉しい!!!という感覚を初めて感じました。


★飛行機に乗ってでも食べに行きたいくらい「料膳 にし川」(福岡県太宰府市)
http://www.noriki-bar.com/2016/01/post-6310.html

★料膳 にし川
https://hitosara.com/0006001464/

 

| | コメント (0)

2019/10/19

サイボウズ「ガルーン」の車内広告「ざんねんな情報共有ずかん」は秀逸な出来栄えです。!!!

確か、今週初めでしたか、東京メトロ丸の内線の壁面で、
ある広告に目を奪われました。

たしか目を奪われた最初は、コピーでした。
次に、そのコピーを説明するイラストでした。

そのコピーとは「承認行列!!」
どういう意味っ~と一瞬思って、その広告のイラストを見ると、
一目瞭然、即座にその意味を理解できました。

★「承認行列!!」のイラスト」
Photo_20191019000801

そして、同時に思ったことは「これって、あるあるあるある!!!!」
そして、さらに広告屋として思ったことは、
なんと素晴らしい広告だろう!!!!でした。

そして、数日後に引き続き、地下鉄車内で見た、
「とおおおおくのホワイトボード確認」と
「長時間スケジュール調整労働」。

ああ、そうだ!!そうだ!!!あるあるある!!・・・
これらの「困ったこと」はサイボウズの製品で解決できますよ!!
という主旨の広告、「うまい!!」と思いました。


広告でみた検索キーワードでググって出てきた
「ざんねんな情報共有ずかん」
他に13パターン、計16の「あるあるあるある!!!!」
ケースが紹介されています。

コピーといい、それを一発で表現しているイラストといい、
この広告の企画制作者に脱帽です。


サイボウズ社とは、デヂエ時代から、
10年以上のお付き合いがあります。

サポート体制は、これまで20年以上の間、
お付き合いしてきた沢山のシステム開発会社の中で、
群を抜いてサイボウズは「トップ」です。


★サイボウズ「ざんねんな情報共有ずかん」
https://garoon.cybozu.co.jp/lp/zannen/pdfredirect/

 

| | コメント (0)

森喜朗元総理のタフな交渉力。さすが総理をやった人だという認識を持ちました。

ラグビーワールドカップ
初めての8強となった日本チームはその準々決勝に臨みます。
明日、10月20日日曜日です。

昨日職場でお昼休みに読んだ記事、
「ラグビーW杯日本招致」世界とのタフな交渉録---
https://president.jp/articles/-/30160?page=5

で、私は、森喜朗元総理のタフな交渉力を知り、
「交渉」とはこういうものだと認識しました。

実はこれまで森喜朗元総理はあまりいい印象を持ってませんでした。

随分前に、日経新聞に掲載されていた
森喜朗元総理の「私の履歴書」。

連載当時、「私はこれもやった!!、あれもやった!!」
というように自信たっぷりな方だな・・という印象でした。

しかし、上記のページにあるように、
森喜朗元総理の交渉力には脱帽です。

具体的には下記の発言に、その真骨頂があると思います。
「国連では、経済大国である米国、中国も、小さな新興国も、すべての国が平等に1票ずつ持っています。なぜ、ラグビーの世界では、伝統国といわれる力のある国だけが2票を持って、それ以外の国は1票しかないんですか。これが民主主義の先導国であるイギリスのやることなんでしょうか。こんなことをしていたら、ラグビー界は必ず衰退しますよ」
ほんと、なんと、的を得た力強いメッセージでしょう。
交渉とはこういうものだと認識しました。

 

| | コメント (0)

2019/10/14

Suicaカード、2週間のランチ購入で105ポイント貯まりました。

 

9月末日か10月初日だったか、新聞を見ていると、
どでかい、Suicaのポイント還元サービスの
全面広告が、バぁッ!!と目に入りました。
とにかく2%の2なんかは巨大文字。
隣のスイカも、どでかい写真。

とにかくド派手。しかし、必要なことはしっかり描かれています。

その日から今日までに日経や朝日で
計6回ほど目にしているこの全面広告。

新しく始まったこのポイントサービスは
モバイルスイカや、JRE CARDにもポイントが付く仕組みで、
スイカ(カード)よりもポイント還元率はよいようです。

しかし私は、スイカは通勤定期でカード型を使っているので
早速WEBで、スイカのカードの登録をしました。
スイカの裏面に表示されているコードの番号が申し込みに必要になります。
登録は簡単です。即登録できます。


先ほどWEBを調べると、この2週間のランチ購入で、
105ポイントも貯まっていることがわかりました。


★ポイントの内訳
Jre_800


スイカを登録したら「会員ページ」にこのように利用履歴が出てきます。


私はほとんど毎日、
朝の通勤途中のJR東京駅地下でランチを買っていきます。

私は脳梗塞で指先が不自由なので、小銭をつまむのが苦手です。
なので発病以来ずっと、
いずれも定期券のスイカとパスモで支払ってました。
少しでも通勤時間を節約したい私にとって、
とてもスムースなお会計ができています。


先月まではパスモもスイカも1万円ずつ定期的にチャージしてました。
なので、お買物はまったく意識せずどっちかを使っていましたが、
これだとずっとスイカでランチを買う癖がつきますね。

上記の図を見ると、還元キャンペーンの+15ポイント
おまけがついた日があります。

これらの日はたしか、駅改札内のグランスタだったと思います。
それ以外の日はランチを買ったのは確か改札外のグランスタでした。

どうせなら、毎日+15ポイントもらうのが賢い利用法。
この還元キャンペーンは新聞によると、来年の6月30日までありそう。

ジャンじゃかポイントがたまりそうな予感が。

★JRE POINTページ
https://www.jrepoint.jp/

| | コメント (0)

2019/10/06

JR横浜駅の切符の「予約制度」、なくなるようですね。

このブログで2年前にお知らせしていた
JR横浜駅の切符の「予約制度」が10/30でなくなるようです。

★告知のポスター
1030end 

会社の社長の帰省のための、
JR新幹線の切符予約でよく利用していました。
東京駅にはないシステムで便利だな・・・と思っていたのですが、残念です。
これからは、JR東京駅と同じように、並んで買うことにします。

下記は、本件に関して、2年前に書いた記事です。
★JR年末年始の新幹線予約、横浜駅は「予約制度」みたいなものがあり便利です。
http://www.noriki-bar.com/2017/11/jr-c1e5.html

 

| | コメント (0)

2019/10/05

ラグビーワールドカップ、日本対サモア戦、日本頑張りましたね。泣いてしまいました。

ラグビーワールドカップ、10/5に行われた試合
Aプールの日本は第3戦で、サモアと戦いました。

そして勝ち点1をも得る勝利でした。
日本テレビの生中継で観戦しましたが、
正直、前半戦では互角の戦いになるな・・という印象でした。

しかし、結果、日本はサモアに勝ちました。
80分経過したあとの、トライには泣きました。

テレビの実況中継で、
「一人一人のフィジカルはサモアが上である」という説明が
随所でありました。

確かに日本人は体格および体力とも、
海外の選手の一人一人には叶わないことは認識していました。
しかし、外国人がたくさんの日本チームは、

きっとチームワーク、そして、
練習で培ってきた体力的・精神的粘り強さは
この試合でもきっと発揮してくれる!!!
ことを願いながら、テレビの生中継をみてました。、

サモアチームもその戦いぶりは素晴らしかったです。
ノーサイドのあとの両チームのふれあいを見るにつけ、、
今日も、やっぱり「ラグビーは素晴らしい!!」と思いました。

 

なお、サモアの国歌は、

試合前の2国の国歌斉唱で、ディクテーション(音譜をめもる)して、
サモアチームも下記のサイトで紹介した楽譜と同じであることを確認しました。。

私が以前下記のページでサモアの国歌の楽譜と音源を紹介していた
http://www.noriki-bar.com/2019/09/post-755af9.html

★サモアの国歌の別映像
https://www.youtube.com/watch?v=DC8MiS-0zbY

(何しろ、「アイルランドチーム」の件で発覚して以来、
対戦国の国歌はテレビの生中継で確認するようにしています)

 

| | コメント (0)

2019/10/02

ラグビーと日本、ラグビーW杯において、現在善戦している感じがします。

ラグビーワールドカップ、20の各チームとも前半戦は終わっている状況で、
果たして日本での盛り上がりは・・・
が毎日気になります。

 

なにしろ、これまであまり日本に浸透してなかったラグビー
テレビの試合中継数からしても
野球はもとよりサッカーに比べても
ラグビーはほんのわずか。

しかし、今現在、私は
「ラグビーW杯は盛り上がっている。。。」
と思っています。

そんなことを、下記のニュースで改めて思いました。
★「このW杯は唯一無二」 各国選手、HCが絶賛する日本大会「我々は歴史的W杯の一員に」
https://the-ans.jp/rugby-world-cup/86265/

上記の記事はフランス代表FBヨアン・ユジュ
試合後の東京スタジアムでの出来事を綴っています。

このラグビーWカップは、
多くの国々の方に、日本の良さをしってもらえるいい機会です。

ーーーー試合観戦ができる方々へーーーー
下記のページに各チームの国歌(チーム歌)の
楽譜と映像を掲載しています。
試合観戦ができるかたは、是非プリントアウトして、
当日、競技場で歌ってくださいませ。

http://www.noriki-bar.com/cat1580038/index.html

| | コメント (0)

« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »