« 「ReライフFESTIVAL@home」は、アフターコロナの講演会の一つの在り方ではないでしょうか? | トップページ | 通勤電車内で若いビジネスマンに二度見されました「私の手袋」 »

2020/09/26

花の名前がわかるアプリ「PictureThis」これはいい!!と思いました。しかし・・・。

 

後でわかった課金の問題があるにせよ、
素直にこのアプリすごい!!!と思ったのが
「PictureThis」

道端で見る花をこのアプリでキャッチすると、
その花の名前を教えてくれます。

その使い方は次の通り。

★「PictureThis」アプリをタップ
39395

★起動画面
Img5004_20200927000001

★名前を知りたい花にスマホを向けて「カメラ」マークをタップ
Img5005

★画面にその花が表示され、●マークをタップ
Img5006

★「しばらくお待ちください」の画面
Img5007

★表示された結果画面
Img5008

「...百日草」という表示が出たとき、
「スゴイ!!!」と正直思いました。


ところが数日前にこのブログで書いたように、
このアプリ、無料と思ってインストールしたら、
毎年三千円弱のサブスクアプリというのが
後日わかり・・・。


・この写真をとるとき、ヒトンチの庭花は対象外です。
  「何をされているのですか!!」と
   聞かれるに決まっている
・道端でいろいろな花を見つけるほど、私は散歩していない
・毎年三千円弱を払うほど、毎年、花の品種は増えない

というわけで、費用面にはいまだ不満なのですが、
このアプリでスマホアプリの可能性を体験した、
という事実はあります。


それにしても今日も、
「PictureThis」で検索すると、
「解約」に関する記事が上位続出。

こういうメッセージが上位に上がらないように、
「PictureThis」の提供者は
利用者勘違い防止に努力されるべきではないでしょうか?

折角のいいアプリが、これでは本末転倒です。

どちらにしても、
くれぐれもこのアプリをインストールするときは
ご自分のコストパフォーマンスをお考えになることを
オススメします。無料ではなく、有料なんです!!!
悲しいかな自己防衛です。

 

|

« 「ReライフFESTIVAL@home」は、アフターコロナの講演会の一つの在り方ではないでしょうか? | トップページ | 通勤電車内で若いビジネスマンに二度見されました「私の手袋」 »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

スマホ・アプリ」カテゴリの記事

お勧めの逸品」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「ReライフFESTIVAL@home」は、アフターコロナの講演会の一つの在り方ではないでしょうか? | トップページ | 通勤電車内で若いビジネスマンに二度見されました「私の手袋」 »