« 2021年4月 | トップページ | 2021年6月 »

2021年5月の18件の記事

2021/05/31

「新型コロナウィルスワクチン接種券」予約狂騒記(その7)防衛省のサイトで、あっという間にワクチン接種の予約ができました。6/12土曜日17時に予約。

 

5月18日にワクチン接種券が郵送で届いた68歳の私。

券が届いてからというもの約1週間、
毎日、アタフタと予約に励みましたが、
予約狂騒記でお伝えした通り、暖簾に腕押し。

したがって、予約活動は5月25日でストップし、
5月31日から神奈川県民も予約可能な
自衛隊 東京大規模接種センターで予約する、
それでも埒が明かない場合は、
横浜市大規模接種会場ハンマーヘッドの予約をする、
という作戦を企てました。

そして、その5/31の今日、
仕事から帰って、22時半頃、
「自衛隊 東京大規模接種センターで予約」に挑戦しました。

そして、思いがけずもスッスッと予約できました。
6/12土曜日を選択し予約できました。

★予約がとれた

Yoyakutoreta_20210531234701

土曜日を選択した理由は、いろいろな情報を得たところ、
「接種した翌日は、人によっては発熱したり調子が悪くなったりする」
らしいので、翌日が日曜日の土曜日を選択したわけです。

仕事をしている私は、平日、調子が悪くなると大変困ります。

土曜日も接種してくれる会場、大変ありがたく思います。

それに興味本位で大変申し訳ないのですが、
尊敬する自衛隊の皆様方の対応についてとても関心をもっています。

大手町は通勤定期券で行けます。
大手町駅の構造はとても複雑、ということも承知しています。
しっかり出口を確認して会場に臨みたいと思います。

そういえば、毎日通勤途上で通過する
都営三田線の大手町駅の構内放送、
停車している間だけ聴こえてくるので、
全文聴けてませんが、ホームで、
「ワクチン接種の会場の出口は***です」という放送が、
先々週から聞こえてました。

★予約する画面
1_20210531234701


★自衛隊 東京大規模接種センター(東京センター)の予約・受付案内
https://www.mod.go.jp/j/approach/defense/saigai/2020/covid/covid_intokyo.html
★横浜市 ハンマーヘッド会場の予約
https://www.city.yokohama.lg.jp/kurashi/kenko-iryo/yobosesshu/vaccine/vaccine-20.html

| | コメント (0)

2021/05/26

また「花を楽しむ」チャンスを与えてくれた「ボンマルシェCIAL横浜店」。550円(税込)の小さいけど素敵なアレンジ花束が日替わりで提供されてます。

私、「花」、大好きです。
しかし、私が住むエリアの花はとっても高いので、
毎週土日の散歩の度に、
「花屋の店頭で花を眺める」のが楽しみでした。

ところが、昨年6月にオープンした「ボンマルシェCIAL横浜店」。
いつも店頭にある、税込み550円の可愛い花束。

550円は私にとって、やはり大きな支出です。コスパを前提とします。


ここでいう花のコスパとは、
果たして花の550円は、価値を生み出すか!!???
です。

しかし、買い物帰りや、東京自由が丘の歯医者さんの帰りで、
気になっていつも覗くこのお店の店頭の550円の小さな花束は、
いつも「わぁ綺麗、可愛い」を感じてしまいます。

そこで、思い切って、ある日、買いました。
それからもう半年が過ぎましたでしょうか?

毎日大事に大事に手入れし、
少なくとも、最低10日間は綺麗に花を咲かせ続けています。


★今日の「先週の土曜日に買ったお花」

Photo_20210526235401
★ボンマルシェCIAL横浜店
https://fleuristebonmarche.com/shop/yokohama.html

| | コメント (0)

2021/05/25

「新型コロナウィルスワクチン接種券」予約狂騒記(その6)。そもそも「かかりつけ医とは??・・・」に揺らいでいます。なお、接種券が届いて8日目の今日も予約はできてません。

ワクチン接種のお知らせが郵送で届いたのは、
2021年5月18日(火曜日)。
届いてからというもの、毎日、予約を試みていますが、
届いた8日目の今日も未だ予約できず・・・

しばらく上記の4行は枕詞になりそう・・・デス。


さて、今日も
「かかりつけ医療機関」に電話で予約、を実行しました。

電話したのは今朝9時45分頃、職場から、
「コロナワクチンの接種をしたくお電話しました」
と電話をかけると、今日も、
「現在『(仮)予約』は受け付けてません。
 いつ次回の予約受付が始まるかは全く未定です。
 数日後におかけ直ししてみてください・・・・・」

今日は2日目ともあって、「カリ」予約という言葉を聴きとれました。

そうか・・・と、担当者にツッコムこともなく
素直に受話器をおきました。


しかし、そもそも「かかりつけ医」とは何でしょう???

数日前の朝日新聞朝刊14面の「声」欄で、
★(声)かかりつけ医、無事予約できた
https://digital.asahi.com/articles/DA3S14911291.html
という記事を読みました。

きっとそうよね・・・と、
かかりつけ医でワクチンを接種できるのは最高です。

しかし、今日(20210525)の朝日新聞朝刊14面の「声」欄には
「私は『かかりつけ患者』でない?」と
「『かかりつけ医に相談を』に困惑」の
2つの投稿が掲載されていました。

 (今現在2021/5/25 23:36はまだデジタル記事には
  掲載されてないようです)

とくに、一つ目の
「私は『かかりつけ患者』でない?」の記事には
私のここ数日の懸念をあぶりだす内容でした。

投稿によると、
「昨秋以来通院がないので、集団接種を受けて下さい」
と言われたそうです。

そうか、ということは、
私が昨日今日と電話している医院は、
昨年の8月に「濃厚接触者のためPCR検査」で
たった一度訪れた医院なので、たとえ
予約受付が再開されたとしても予約不可と言われる可能性大です。


私は横浜市中区在住ですが、
2015年に脳梗塞発症後の、
定期的(今は35日置き)に訪れる病院は都内です。
また昨年、耳が塞がったとき、数か月間週3回通った耳鼻科も都内です。
一昨年末、咳が止まらず「百日咳」と診断された内科も都内です。

なにしろ、住まいは横浜市中区ですが
朝7時過ぎに家を出て22時近くに帰宅する生活リズムにおいて、
「かかりつけ医」は職場のある都内です。


というわけで、なんとなく、今日は、
私がワクチン接種できるのは、
「自衛隊」会場なのか・・・と思い始めました。
なにしろ横浜市の集団接種会場の予約は、
先日このブログに書いた通り、至難の業です。

先週の土曜日、横浜市集団接種のコールセンターの方から聴いたのですが、
ネット予約は開始9時の数分後には満杯となるそうです。
朝9時の職場で「そういうこと(接続にメッタトライ)」はできません。

 

しかし、神奈川県在住者が
大手町の「自衛隊」会場を予約できるのは、5月31日からです。

しかししかし、その日5月31日はちょうど、
「かかりつけ医」で膵臓のCT検査日、
そしてその翌日にその結果を内科医に聴く、
ということで、解禁後の朝いちばんのネット予約トライは
数日間は不可です。

「カオス」は続きます。

| | コメント (0)

2021/05/24

「新型コロナウィルスワクチン接種券」予約狂騒記(その5)。診察カードがあり、昨年行った履歴がある診療所に朝、電話しました。しかし見事に撃沈。

ワクチン接種のお知らせが届いたのは、2021年5月18日(火曜日)。
届いてからというもの、毎日、予約を試みていますが、
未だ予約できず・・・

これまでネット予約ばかりを試してましたが
今日初めて都内の職場から
「かかりつけ医療機関」に電話で予約、を実行しました。

  ★かかりつけ医療機関とは、
    私の今の定義は、
   「その医療機関の診察カード」を持っている・・・
   です。

その「かかりつけ医療機関」は、
住んでいる公団1階の掲示板にあったリストにもありました。

下記URLのネットでも掲載されている診療所です。

★医療機関で予約【中区】
https://www.city.yokohama.lg.jp/kurashi/kenko-iryo/yobosesshu/vaccine/20210514171807373.html

今朝、東京都内の職場から、
「コロナワクチンの接種をしたくお電話しました」と電話をかけると、
「現在予約は受け付けてない。理由は予約枠がいっぱいになったので。
 ではいつ次回の予約受付が始まるかは全く未定です・・・・・」

トホホです。

ここ1週間の私の策戦としては、
・帰宅後、横浜市のネット予約にチャレンジ
・職場で、上記の「かかりつけの診療所」に2日置きに電話する
です。

毎日、数十分かけてのトライです。
(この時間って絶対無駄!!と率直に思います)

今週、両方が叶わない場合、
31日から神奈川県民も受け付け対象となる、
「自衛隊」の接種予約に挑戦予定です。

なんか、、、予約だけのために、
無駄な空虚な時間を費やしている。。。というのが
正直な今の実感です。

 

| | コメント (0)

2021/05/23

「新型コロナウィルスワクチン接種券」予約狂騒記(その4)。別の予約手段を明日試す予定です。しかし、ほんとにカオス!!!一刻を争う事態においては「国・地方自治体の『今!!!の情報』は信用できない!!」と思い始めました。

ほんとにこのコロナ禍において、「65歳以上の高齢者」の私は、
なんか、やっぱり振り回されているな。。。と思うここ数日です。


このブログでお伝えしている通り、わたしは、
先週の火曜日18日に「新型コロナウィルスワクチン接種券」が郵送で届きました。

それを見る限り「お知らせのサイトで予約してください」を指南しています。
そしてすぐにでもその予約をしなければいけないと思わせられます。

しかし、そうして毎晩帰宅後予約しようとしても、
「予約できない」日々です。

私は最初からパソコンによる予約を念頭においていました。
電話予約は日中は仕事、およびスマホによるネット予約は
脳梗塞の後遺症で指先操作が不可という理由からです。

通知が届いてから毎日30分ずつ以上、
「予約」をトライしてますが、
お伝えしているように、ネットでも予約不可。

なにしろ、会場別のカレンダー(これがクセモノ!!!)
「×以外の空白日」をクリックしたら
「この日は予約できません!!」とかのアラート画面。

★会場ごとのカレンダー
Yoyakudekinai

昨日土曜日仕事が休みだったので、
通知に書いてあったサポートセンターに電話しました。
少なくとも10分は待ちましたが想定外に早く電話が通じました。

そして、「×以外の空白日」をクリックについて問い合わせると、
「ああぁ、それはコウコウです・・・」とすぐに回答を得ました。
つまり「×△〇もついてない空白はその会場ではその日は接種してません」
ということでした。
そして、この問い合わせについては
「電話でよくある質問」なんだなぁと
思わせられる口調の回答でした。


各会場のカレンダーは、先日このブログでご紹介した通り、
-----------------
なにしろ、どの会場においても、
×空きなしは表示されますが、
△空きあり 〇余裕ありが表示されません。

ちなみに表示がない日にちをクリックしても
「予約できません」というメッセージばかり!!!
-----------------
の状況でした。

「×以外の空白日」については、どの会場のカレンダーも
その説明が全くありません。

「×△〇もついてない空白はその会場ではその日は接種してません」を知らない私、
どれだけ私は、これに時間を使ったことでしょう。

そして電話口の担当者の情報によると、
通知書のURLでログインした会場はどこも満員だとのこと。
それ以外にもいろいろ尋ねましたが、
「ワクチン接種」は遠のくばかり・・・・、
ほんとにカオスだと思いました。


これにより、私は、ネットによる予約を諦めました。
別の手段で予約を試みる予定です。

というのは、私は公団に住んでますが、
1階エレベーターホールの掲示板に、
「横浜市ワクチン接種協力医療機関」が掲示されてました。

この情報は火曜日の郵送で届いた文書にはありません。

掲示板の情報を写真にとり、
その写真にある「横浜市ワクチン接種協力医療機関」
でググりました。

しかし最初にヒットした画面は下記
★横浜市ワクチン接種協力医療機関 でググった画面
1_20210523233801

病院・診療所での個別接種について最終更新日 2021年5月17日
https://www.city.yokohama.lg.jp/kurashi/kenko-iryo/yobosesshu/vaccine/20210512113255469.html

なんという大きな赤字
「ここに問い合わせないでください」
ええええ???!!!

メゲズ、別の言葉をつけてググると

★横浜市ワクチン接種協力医療機関
医療機関で予約【中区】最終更新日 2021年5月21日
https://www.city.yokohama.lg.jp/kurashi/kenko-iryo/yobosesshu/vaccine/20210514171807373.html

の画面が出てきました。
2_20210523233801

つまり、ここで2つのサイトには更新日の日付に4日の誤差があります。
下の方が更新日が新しい画面です。

ググったワードの違いにより、出てきた情報は、
更新日の違いでしたが、得られた情報の全く異なりました。

この一覧にある一つのクリニックに、
明日月曜日職場から電話する予定です。

 

| | コメント (0)

2021/05/22

「新型コロナウィルスワクチン接種券」予約狂騒記(その3)。相変わらず今日も予約できません!!!しかし、エラー2000e005の意味はわかりました。

一昨日(2021/05/20)に続き「新型コロナウィルスワクチン」
予約についてレポートします。今日はその3です。

まずご報告。認証エラーについてです。

★認証エラー
1era

5月20日にこのブログで書きました、
-----------------
上記の画面で、
「2000e005の優先接種の条件を確認して、・・・・」、
というコメントが見えますが、
そういう確認する画面は、この画面にはなし・・・
-----------------
についてですが、認証エラーの全文は、
「2000e005:優先接種の条件を確認して、該当する場合はチェックしてください。」


しかし、「優先接種の条件」なるものがどこに書かれているのか、
どこで確認すればいいのか??が全く分かりませんでした。

結論です。このエラーが出たら、すぐ上の背景黒の部分の
チェック欄にチェックを入れて
ログインボタンを押すとログインできます。


「優先接種の条件」というのは、この画面の
黒背景の白い文字のところのことです。

 

しかし、この画面、どこにも、
「優先接種の条件」も「条件」という文字もありません。

システム開発者はこの「4行の説明文」を
「条件」と認識しているのでしょうが、
私には「条件」と読めませんでした。
せめて、「優先接種の条件」とはここのことです、
の説明があってもいいと思います。

そして、「上記の内容を了解してログインします。」の横に、
白い□(四角)をつけるだけでなく、
「チェック欄にチェックして」の言葉も添えるべきと思います。

私はシステム開発の経験もあるので、
開発現場の方々の猛烈な奮闘が想像できます。

コロナ禍対応のため、スピード優先で、
開発しながら提供しているシステムになっているのでしょう。

このコロナ禍においては、
みんな感染症の脅威的な社会を経験したことはありません。
提供する側も提供される側もお互い譲歩すべきと思います。
私自身も 落ち着いてできることを地道にやっていきたいと思います。

| | コメント (0)

2021/05/20

「新型コロナウィルスワクチン接種券」5/18郵送で届きました。連日ネットで予約を試みてますが、少し対応は進歩してますが、相変わらず予約できません!!!

昨日(2021/05/19)に続き「新型コロナウィルスワクチン」
予約についてレポートします。

本日(2021/05/20)もある程度余裕を見て届いた文書を事前チェックをし、
再々度予約にチャレンジしましたが、
結果、今日も予約できず!!

はっきり言ってこの状態「メチャクチャ!!!」と思います。


今日の朝日新聞朝刊「声」の
「ワクチン予約 なぜ早い者勝ち」の投稿でも、
電話で予約しようとする83歳の主婦の方の記事がありました。
★朝日新聞朝刊「声」「ワクチン予約 なぜ早い者勝ち」

https://digital.asahi.com/articles/DA3S14909945.html?iref=pc_rensai_long_494_article


68歳(コンピュータ歴31年)の私がネットで予約しようとしても、
全く手も足もでない!!!状況です。


しかし、今日は少し、進歩しました。
封書にあった「接種券番号」と「生年月日」でログインできました。

しかも、昨日までは見つけられなかった
<優先接種者>に対するログイン条件が表示されるようになりました。

★<優先接種者>に対するログイン条件
1yattoimiwakarugamen  


そして、これまでと同じ、
接種券番号とパスワードを入力し無事ログインできました。

そして、登録したメールアドレスにメールが届き、
下記のページが表示されました。
★横浜市 新型コロナウィルスのワクチン接種予約について
2_20210521000801


しかし、ここからがまた、「暖簾に腕押し」の連続・・・
いろいろ試しましたが、結果、全く予約画面にたどり着けません。
★スケジュール表
Yoyakusuke

なにしろ、どの会場においても、
×空きなしは表示されますが、
△空きあり 〇余裕ありが表示されません。

ちなみに表示がない日にちをクリックしても
「予約できません」というメッセージばかり!!!

ああ!!なんという時間の無駄でしょう。


決して「ワクチン接種をいち早く」と思っていません。

しかし、「ワクチン接種はなるべく早く受けたい」
とは思っています。

現在生きている私たちが経験したことのないカオス状況ではありますが、
受ける側も受けさせる側も、無駄な時間を費やすことなく・・・
しかし、これこそコンピュータが得意とする分野です。

このシステムは「受けさせる側に主導権あり」と思っています。
この経験値は将来に是非活かしてほしいと思っています。

システム開発の現場の方々は、システムの改善に向けて
この深夜でも必死に健闘されているかと想像します。

コロナ禍を克服すべく、
私たち一人一人ができることを実践する、
これに尽きると思います。

 

| | コメント (0)

2021/05/19

68歳の私「新型コロナウィルスワクチン接種券」が昨日郵送で届きました。昨日も今日もネットで予約を試みてますが、全く手も足も出ず。予約できません!!!

昨日(20210518)、郵便で「ワクチン接種調整等担当」から、
「新型コロナウィルスワクチン接種券」が届きました。

昨日も今日も2日続けてこの時間にトライしていますが、
今日もダメ!!

ログインすらできません。

封書にあった「接種券番号」と「生年月日」でログインしても
下記の「認証エラー」

★認証エラー
Rogin2

上記の画面で、
「2000e005の優先接種の条件を確認して・・・・」、
というコメントが見えますが、
そういう確認する画面は、この画面にはなし・・・

「2000e005の優先接種」でググっても、
出てくるメッセージは宮崎県とかのみ。
横浜市の情報はなし・・・・。

何度トライしても同じ結果。
今日も予約は諦めます。

まったく今のシステムは、
ユーザーインターフェース感ゼロ。

私自身がもっと落ち着いてみればいいのかもしれませんが、
私が取り組める時間は帰宅して寝るまでの
セイゼイ最大30分です。

これまでの国・地方自治体のITの取り組みを振り返っても、
この状況は全く進歩なし、
私たちに負担を強いるだけ・・・と思います。

「コールセンターに電話で予約」は、ハナから候補にありません。
何回も電話する時間が無駄です。

 

| | コメント (2)

2021/05/17

納豆、かき混ぜる回数は?郷ひろみは200回、北大路魯山人はもっと?私はこれまで60回でしたが、朝日23面の特集記事で紹介されたある機器を注文。

「納豆」。

福岡で生まれ育った私は、「納豆」がどうだったか全く覚えていません。
何をかというと、毎日食べていたのかどうかです。
今度、記憶力がよい、妹や弟たちに聞いてみることにします。

ここ20数年のことを振り返ると、生協で納豆は時々注文していました。
しかし、私にとっては必須の食べ物ではありませんでシタ。

 

この前の土曜日(2021/05/16)の朝日新聞23面文化欄に
「ネバネバ納豆 糸引く魅力」の大見出しで、納豆特集記事がありました。

★(扉)ネバネバ納豆、糸引く魅力 元々は寒冷地の保存食・かき混ぜまくった魯山人
https://digital.asahi.com/articles/DA3S14905489.html
あら、ネットではカラーなんだ・・・(と今気づいた次第)

松尾芭蕉、寺田寅彦、北大路魯山人、太宰治らの「納豆愛」など、
いろいろな視点で特集した面白い記事でした。

本文では、「では、一体何回かき混ぜるか」ということも書かれていて、
郷ひろみは200回、北大路魯山人はもっと?ということらしいです。

 

私の納豆かき混ぜ回数は、これまで60回でしたが、
そうですよね、何回かき混ぜたなんか数えるのも一仕事。


今日は、生協で注文していた納豆を、
そのままで60回+たれをいれて60回+からしをいれて60回
+生卵を入れて60回+カイワレ大根を入れて60回の、
計300回混ぜました・・・・。
結果、たしかにクリーミー・・・。
なので、明日のお弁当のおかずの一つにしました。

また、記事で「究極のNTO」という商品があるのをしりました。
早速、amazonで注文しました。

★究極のNTO(なっとう)|スペシャルサイト|タカラトミー ...
https://www.takaratomy-arts.co.jp/specials/nto/

「タカラトミー が売っている」というのが、またなんとなくビミョウ・・・。

さぁ、私の納豆愛を育てる道具となるかどうか、
届いて試したら早速、そのリポートを掲載します。

| | コメント (0)

2021/05/15

今年(2021)の3月に処方された糖尿病のクスリ、血糖値がこの1年上がり続けていたために処方された薬ですが、副反応として体重が減ってます・・・

私は、このブログでいつもご紹介しているように、
2015年6月に脳梗塞を発症しました。

2週間の入院治療でした。
脳梗塞とは怖い病気で、
6年近く経った今でも、右半身はしびれているという後遺症があります。

入院したその病院で今も治療を続けています。

実はその病院は、私が勤務していた会社の
定期健康診断でずっと通っていましたので、
私のカルテはもう20年以上残っています。。。

ちなみにその病院は、
「尾身茂氏」が理事長を務める「地域医療機能推進機構」の一つ、
東京新宿メディカルセンター(旧東京厚生年金病院)です。

★地域医療機能推進機構
https://www.jcho.go.jp/
★東京新宿メディカルセンター(旧東京厚生年金病院)
https://shinjuku.jcho.go.jp/

私はこの病院に絶対的な信頼を寄せています。

 なにしろ、脳梗塞と分かる前の当日の朝、
 調子がおかしいと感じたときに電話した
 ある大学病院とは全く違う対応でした・・・
 (その大学病院は、脳梗塞発病前に数年、、
  血糖値が悪いということで通院してました。
  なのに、診察を拒否されたのです!!!!)

話がぶっ飛びましたが、
タイトル
「・・・副反応として体重が減ってます・・・」
そうなんです。2キロくらい減っています。
始め、体重計が壊れていると思いました。

しかし、娘の話によると、
そういう薬は体重が減ることで、
ダイエットで処方されることもあるとか・・・。

ところが、相変わらず、お腹は茶筒。
つまり、ウエストは全く細くなってない・・・、
この2キロはどこがどう減っているのだろうと思うこの頃です。

しかし、その薬のおかげで私は、
今日、自宅で血糖値測定器で測った
血糖値はなんと、118でした。
ここ数年の最ベスト値ではないでしょうか?


ただ、この薬、実は、大変なのです。
のどはかわくし、トイレは頻繁・・・。

来週、定期健診なのですが、
お医者様からどういう判断がくだされるのでしょう・・

とにかく、クスリに頼らず、
血糖値を改善することに注力しなければいけないと思ってます。

脳梗塞再発は、
「高血糖値+高血圧+ストレス この3つが重なったとき」
と認識しています。

死ぬことにはなんの怖さもありませんが、
子供たちに戸惑いを与えたくない、この一心です。

 

| | コメント (0)

2021/05/12

「ザ・クラウン」見ていると歴史的な事実に遭遇できます。特に先日は退位したエドワード8世とドイツ(ナチス)の親密な関係を知りました。

「ザ・クラウン」は、英国王室のゴシップドラマに過ぎない、
と思って、一時期NetFlixの同ドラマを見るのを控えていました。

しかし、見ていると「当時の英政府や世界情勢も描かれている」
と思わずにいられないストーリーに心動かされます。

今、すぐに思い出せるのは、
エリザベス女王とチャーチル首相とのやりとり、
叔父のエドワード8世のナチスとのかかわり、
などなどです。


このブログで今年の1月に下記の記事を書きました。
★日経新聞17面名作コンシェルジュ「ザ・クラウン」の記事(20210124)に誘発され、結局はNetFlix会員になってしまった・・・
http://www.noriki-bar.com/2021/01/post-815d51.html

>英国の文化相がドラマに『フィクションである』という注釈をつけよ!!と求めたが、
>きっぱりNetFlixは拒否した」とありました。

とあるように、「キッパリ拒否」は、
ある程度の憶測があるのは否めなくも、
しかし、しっかり史実に基づいて制作している様子が伺えます。

しかしやはり、「ダウントン・アビー」はこうだった・・・、
と思いながら見ていることも事実。

というのも、エリザベス役の衣装、
「肩が10センチ近く落ちたピンクのワンピース」
「ダウントン・アビー」で、これは目にしませんでした。

それに、会食のシーン、
「ダウントン・アビー」は食事中のシーンが満載でした。
しかし、「ザ・クラウン」はディナーが始まる前か終わった後のシーン。
これも制作費節減の現れでしょうか?

特に数週間前、書店で、
「 <公式> ダウントン・アビー クッキングレシピ 大型本 」
となるぶ厚く豪華な本を見つけました。
まさしく、ドラマで提供されているディナーなどのレシピ集です。


ま、なにわともあれ、
「ザ・クラウン」は、世界史の勉強になっていることをお伝えしたく。。。


★エドワード8世 (イギリス王)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%89%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%898%E4%B8%96_(%E3%82%A4%E3%82%AE%E3%83%AA%E3%82%B9%E7%8E%8B)

★ザ・クラウン (ネットフリックス)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B6%E3%83%BB%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%A6%E3%83%B3_(%E3%83%8D%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%95%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9)

 

| | コメント (0)

2021/05/11

今日の日経夕刊10面は、筒美京平コンサートの記事でした。いゃぁ、奇跡のコンサートだった・・・と今でも思います。

今日(2021/5/11)日経夕刊10面「夕刊文化」は、
5段で「昭和のヒットメーカー筒美京平の世界」の大きな記事でした。

カラーのジュディオング・郷ひろみ・太田裕美の写真付きで、
初日土曜日のコンサートのリポートでした。

 

記事のリードは
・・・泣きの旋律時代に乗せて・・・

私にとっての「泣きの旋律」は
サンタナ「哀愁のヨーロッパ」です。

下記のサイトはいつも耳にする演奏とは違うのですが・・・
★サンタナ「哀愁のヨーロッパ」
https://www.youtube.com/watch?v=EA46jZD6ZM0


今日の日経記事にあるように、たしかに筒美京平の楽曲は
「ヨーロッパの叙情」がタダヨっていて、
それで私が2日間ともコンサートに行った
原動力になっていたのかもしれません。


しかし、このコンサート、1カ月近く経った今でも。
「奇跡のコンサート」と思っています。

というのも、1週間遅ければ、
コロナ禍の影響で、コンサートは中止になっていたはずです。

これだけの歌手が勢ぞろいしてナマで視聴できたコンサート、
いやぁ・・・、ほんとに
一生涯、心に残るコンサートの一つになるでしょう。


★筒美京平が紡いだ「泣きの旋律」 ヒット歌謡曲の神髄
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOCD26D4V0W1A420C2000000/

★「ザ・ヒット・ソング・メーカー 筒美京平の世界 in コンサート」
https://kyohei-tsutsumi-live.com/

 

| | コメント (0)

2021/05/10

通勤帰りの電車で軍手をしたサラリーマンに遭遇。軍手は初めてです。

私は相変わらず、通勤時は手袋をつけています。

★Doガード・抗ウイルス手袋
https://www.doclasse.com/shop/ladies/g/g13000/

3色持っていますが、今はネイビーを着用することが多いです。

ずっと観察していますが、今年に入って、
通勤電車内(京急線、都営三田線)で
手袋をつけている人は私だけです!!!

それでもめげずにつけています。

理由は、職場で抜き打ち的に、
「通勤時は手袋をつけているか!!」と口頭尋問があるからです。
職場の推薦手袋は、使い捨てのポリ手袋ですが、
さすがにそれは・・・・。

 

コロナ禍、2年目に突入しました。
さすがに通勤電車においては、皆さんマスクは着用しています。

しかし、手袋は、上記の通り、私だけ!!!

ところが今日の帰りの都営三田線、
座ってうつらうつらしていて、突然目を覚ますと、
目の前に「軍手」が見えました。
中年サラリーマンの方でした。
「お仲間だ・・・」と思いました。

今私が在籍している職場は小さな会社ですし、
業務の質上、テレワークはできず、毎日通勤していますが、
速く終息してほしいですね。

通勤途中の文京区白山の食べ物屋さん、
次から次と閉店しています。

「感染症」私にとって初めての経験。
これだけ文明が発達していても、
逃れられない!!!収束できない!!!

いつ私自身が感染するかもわからず、
個人としてなすべきことは遂行!!!
これしかないように思います。

 

| | コメント (0)

「トラブルを自分磨きの手段にする」という新聞の書籍広告の言葉に惹かれ、丹羽宇一郎著「人間の器」を読みました。

新聞の書籍広告に、目次の一部が内容の紹介としてありました。
その一つの「トラブルを自分磨きの手段にする」という文字に
グッと惹かれました。
その書籍とは、丹羽宇一郎著「人間の器」(幻冬舎新書)です。

早速購入し、通勤電車の中で少しずつ読み進め、昨日読み終えました。

「トラブルを自分磨きの手段にする」は2ページの内容なので、
立ち読みでも読める分量ですが、それはせず、
書店で本を購入し、しかもあえて私は1ページ目から読み始めました。

最後のほうで「トラブルを自分磨きの手段にする」が出てきました。

今、あらためてその箇所を読み直しました。

生きていると、様々なトラブルに出会います。
そのとき、再度、この箇所を読むことにより
ポジティブに問題に対処する勇気をもらえる気がします。


この本は181ページありますが、その最後は、
アフガニスタンで亡くなった中村哲氏の話でした。
確かに中村医師の生き方は「人間の器」とは?
を考えさせられました。

オススメの本です。

★幻冬舎新書「人間の器」
https://www.gentosha.co.jp/book/b13613.html

| | コメント (0)

2021/05/08

昨晩(2021/5/7)このブログの累計ビュー数が20万ビューを超えました。

このブログは、ニフティのココログのシステムを使っていますが、
IEやEdgeのブラウザでは右メニューの下の方に小さな数字が表示されます。
このブログの累計ビュー数です。
(Chromeでは表示されません)

昨晩、その数字が200,000を超えました。
20万ビュー、このブログを見て頂いたことになります。


このブログ、実は、2004/09/06にオープンしています。
なんと、17年前になります。

しかし、それから10年近くは、ほったらかし・・・
土日祝日も出勤、それに、
平日はいつもJR東海道線の最終電車
という本業に時間を優先していたので
メンテする時間がなかった・・・が実情でした。


ところが、私は2015年6月に脳梗塞を発病し、
その直後、このブログを「のりっきぃ・バー」と改名し、
日々、時間を作っては記事を更新してきました。

昨日までのこのブログの記事数は、1,126個です。

100,000ビューを記録したのは確か、
2019年末だったと記憶しているので、
それから1年半で20万ビューになったことになります。

多くの皆様、記事を読んで頂きありがとうございます。


またまた、これもChromeでは表示されませんが、
IEやEdgeで右メニューに表示される今日の「人気記事ランキング」をご紹介します。

人気記事ランキング
1位:「ココイチのカレー1皿」から始まった心温まるお話、出発点はココイチのある店員さんの対応…ココイチの企業理念が伝わりました。
http://www.noriki-bar.com/2021/02/post-124576.html#_ga=2.179212641.499294798.1620482378-66243708.1565190730
2位:突然MS Office2019にライセンス認証のエラーメッセージ、結局はWindowsUpdateが原因でした。
http://www.noriki-bar.com/2020/12/post-2b8ecb.html#_ga=2.179212641.499294798.1620482378-66243708.1565190730
3位:「銀座吉宗」が閉店していた!!!・・・東京での再会を心待ちにしています。
http://www.noriki-bar.com/2019/11/post-635da2.html#_ga=2.179212641.499294798.1620482378-66243708.1565190730
4位:日本郵便レターパックにまたまた感激。なんと送った当日に先方に届きました!!!
http://www.noriki-bar.com/2020/03/post-1240a3.html#_ga=2.254729677.499294798.1620482378-66243708.1565190730
5位:バッファローの外付けハードディスク分解成功!!!
http://www.noriki-bar.com/2016/07/post-3a57.html#_ga=2.254729677.499294798.1620482378-66243708.1565190730
6位:JR品川駅東海道線ホーム、電車のドアが閉まるときに聞こえる英語のアナウンス「Please stand clear of the closing doors.」
http://www.noriki-bar.com/2017/12/jrplease-stand-.html#_ga=2.254729677.499294798.1620482378-66243708.1565190730
7位:NHKドラマ「星影のワルツ」、海上自衛隊の船の汽笛が聞こえたとき号泣しました。
http://www.noriki-bar.com/2021/03/post-efb10a.html#_ga=2.254729677.499294798.1620482378-66243708.1565190730
8位:100円ショップで見つけた「吸い飲み」、備えておくと便利です。
http://www.noriki-bar.com/2017/01/100-88e5.html#_ga=2.188805486.499294798.1620482378-66243708.1565190730
9位:「Brackets」、サポートは今年の9月1日で終了。ちょっとショック・・・
http://www.noriki-bar.com/2021/03/post-c7ff3c.html#_ga=2.188805486.499294798.1620482378-66243708.1565190730
10位:インサートカップは、100円商品惨敗!!です。
http://www.noriki-bar.com/2017/02/100-790d.html#_ga=2.188805486.499294798.1620482378-66243708.1565190730

2016年7月の記事もまだまだ多くの方に読んで頂いているのだなぁと思います。

ありがとうございます。

| | コメント (0)

2021/05/05

絶対、1話の中で3回は笑えます。ドラマ「リコカツ」。カタブツの自衛隊員役永山瑛太が怪演。

昨日、このブログでご紹介した「ソロ活・・・」と
同時期に公開されているTBSドラマ「リコカツ」。

「・・カツ」の言葉、就活、終活、婚活、いろいろありますが、
「リコカツ」(離婚活動)の言葉はこのドラマで初めてしりました。

たまたま出くわしたドラマですが、
これが第1話から面白い!!!
ギャハ!!となんども笑いました。

なんといっても、永山瑛太の怪演。
ド真面目な顔で「承知した」と妻役の北川景子に返事したり、
しぐさの一つ一つが、カタブツな「自衛隊員」で笑えます。

瑛太って、こういう人だっけ?と
これまでテレビで目にした人とは別人のようです。


北川景子の父親役であった佐野史郎の降板がつい昨日、
ニュースになり、5月7日放送分から平田満が代役とのこと。

「青天を衝け」の川路聖謨役とは正反対の役柄。
どう演じるかこれも見どころ。

このニュースで不思議に思ったことは、
「連続ドラマって、結構、撮り溜めしていないんだなぁ・・・」

★TBS金曜ドラマ「リコカツ」
https://www.tbs.co.jp/rikokatsu_tbs/

| | コメント (0)

2021/05/04

テレビ東京 ドラマ「ソロ活女子のススメ」ハマってます。江口のりこが演じる主人公の考えや行動に、そうだそうだ!!!

4月23日朝日新聞を読んでいると、
「記者レビュー--私の幸せは私が決める--」という記事に
眼が止まりました。

写真は、ドラマの、江口のりこが焼き肉を焼いているシーン。
キャプションは、・・・1人で楽しむ「ソロ焼き肉」・・・・
本文には、「みんなで食べるとおいしいねも、
1人で食べたっておいしくないよも、
好きな生き方を制限する呪いの言葉だ」・・・
これらにスッカリ同調しました。

★4月23日朝日新聞(記者レビュー)私の幸せは私が決める
https://digital.asahi.com/articles/DA3S14881014.html?iref=pc_photo_gallery_bottom

この記事を読んで以降、このドラマは2回みました。
4月23日には工場夜景を巡るクルーズ船、
4月30日にはフランス料理のフルコースディナー。

工場夜景編は、クルーズ船で海から見る工場の夜景、
このツアーは随分前から参加したかったので、
とても勉強になりました。

フルコースディナー編は、ホテルニューオータニの
トゥールダルジャンが舞台でした。

会話を楽しみながら食事するのももちろんですが、
ドラマをみながら、
お料理をゆっくり自分のペースで食する、
これもアリ!!!とつくづく思いました。

★トゥールダルジャン東京
https://tourdargent.jp/

★テレビ東京 ドラマ「ソロ活女子のススメ」
https://www.tv-tokyo.co.jp/solokatsu/

★ソロ活女子のススメ 第5話 2021/4/30放送分
https://gyao.yahoo.co.jp/title/%E3%82%BD%E3%83%AD%E6%B4%BB%E5%A5%B3%E5%AD%90%E3%81%AE%E3%82%B9%E3%82%B9%E3%83%A1/60657a52-f3a3-42b1-a5c3-e16b42c13130
上記は、2021年5月8日(土) 01:22まで無料で見れます。

---好きな時に好きな場所で、ひとりでしか味わえない贅沢な時間を過ごすことができる“ソロ活”----ドラマです。

 

 

| | コメント (0)

2021/05/02

新しい会社の「決算書と法人税申告書一式」は税理士に頼まず、「税理士いらず」というソフトで私一人でできました!!!。オススメのソフトです。

現在、私は昨年3月に設立されたばかりの会社で働いています。
この会社は2月末決算ですので、確定申告の期限は一昨日の4月30日でした。

新しい小規模な会社なので、当然、決算書を作るのはもちろん、
確定申告書作成を税理士にお頼みする予算はありません。


これまで私は、前の会社で6年間、経理も担当してました。
前任者から引継いだ経理業務では、
「勘定奉行」を使って仕訳処理や試算表を作っていました。
ただし、年度末の決算処理や申告書作成は、
全て税理士の方にお願いしてました。

したがって、当時の経理担当の私としては
単に作成してもらったそれら書類一式を、
税務署や都税事務所に提出し、
且つ、法人税や消費税を期限内に納付する、
ということが年度末の業務の一端でした。


ところが、今回は「勘定奉行」も「税理士」もなし!!!

新しい会社でも複数の業務を担当していて、
実はこの経理業務は今年の4月(申告期限の)に入って
1年間の仕訳からの実務すべては、
4月の中旬から始めた次第。


それまでに合間を縫って、
「1カ月という期間で決算業務も申告業務もこなせるソフト」
をチョコチョコネットで調べていました。

何十万円もする「勘定奉行」の代わりに、
使う経理ソフトは何がいいのか、
さらに今回は、「法人確定申告作成」という初めての
業務にも対応するソフトはあるのかないのか・・・・

ググって、5つぐらい候補を残した中、一番、
私のニーズにあうのは「税理士いらず」というソフトでした。

結論からいいますと、このソフトを選んだことは
大正解!!!でした。

無事、私は、提出期限日4月30日に、
税務署と千代田都税事務所に、法人申告書を提出できました。


「勘定奉行」に比べ「価格何十分の一」の
税込み16,500円のソフト「税理士いらず」では、
まず仕訳業務で、さすがに大きな違いに対面しました。

「勘定奉行」と違い、仕訳は1行ずつです。
 例えば「左側一つの科目で右側複数の科目」はできず、
 「右側複数項目に対応して、左側も同じ金額で複数の仕訳」
 伝票作成と、いうわけです。

これに慣れるまでは本の少し、時間を要しましたが、
これは、自分の青色申告「やよいの青色申告」でも
やっていること・・・と思えばなんのことはない・・・

というわけで仕訳をしながら、
目前に迫る大きな未知の領域「法人税申告書一式作成」
は一体どれくらい、このソフトはやってくれるのだろう。。。。
と不安が大きくのしかかってました。

 ★法人税申告書一式
   別表や内訳書など複数の書類が多数あります。

仕訳処理が大体終息するころ、
申告書一式作成にとりかかりました。

幸い、前の会社で税理士に作成してもらっていた
申告書のコピーが手元にあったので、
それと見比べながら、おそるおそる作成過程に突入しました。

その不安をかき消すかのように、
「税理士いらず」というソフトは、ものの見事に、
私の会社の申告に必要な書類を選別し、
別表や内訳書を作成していってくれました。


最終的に、内訳書において経験値で書き直した部分がある、
製品棚卸において、新規会社における数値の整合性を調整した
の2点を除いて、完ぺきでした。


「税理士いらず」のサイトにある、このソフトのコンセプトは下記です。

★「税理士いらず」のコンセプト
小さな会社の法人確定申告のために必要な法人決算書と法人税申告書一式を自力で作成するための支援ソフトです。
http://www.z-irazu.jp/


ほんとにそうです。
そして、なによりも!!!サポートが充実しています!!!。

電話でのサポートはありませんが、
メールのサポートがあり安心できました。
必ず1~2日で返事がありました。

提出期限日の営業日1日前、4月28日なんか、
それはそれは迅速に対応していただきました。

決して私は「税理士いらず」の回し者ではありません。

ただ、「法人税申告書一式」を自力で作れたこと、
さらにサポートが素晴らしいこと、
サポートは操作方法などシステムに関することのみですが、
経理業務がわかっているかたのサポートです。
(兼任経理業務という私の経理業務の浅い知識の質問でも
 まとを得た回答をしてくれてました)

「税理士いらず」というソフトにたまたま巡り合えたこと、
いやぁ~~心底、感謝しています。

★申告書別表
http://www.z-irazu.jp/pdf/betu1-1g.php


| | コメント (0)

« 2021年4月 | トップページ | 2021年6月 »