« 文京区白山の青果店「スターフルーツ」、買い物レポートNO20.3月11日。長ネギ3本100円!! | トップページ | "Hero"、David Millerの前振りと、Sébastien Izambardの出だし、そして、特別ゲストのSteven LaBrie.・・・・ »

2022/03/16

日経新聞、今月の「私の履歴書」は浮川和宣氏、あの「一太郎」を世に出した方です。今日は、その「一太郎」が「Word」に負けた時が記されていました。

日経新聞、今月の「私の履歴書」は浮川和宣氏です。
そう、「あの『一太郎』」を世に出した方です。

今日までの16日間は、「その『一太郎』」が世に出るまで、
そして今日はマイクロソフトの「Word」に負けた時が書かれていました。

私のパーソナルコンピュータが初めて
自宅に届いたのは、1990年です。

そう、1989年ソ連崩壊の翌年です。

当時、企業のコンピュータは
一部屋を占めるほどの大規模な設備から小型化されつつありましたが、
パーソナルコンピュータとなると、
まだまだ一般的ではありませんでした。

パソコンなら「NEC」、
ワープロソフトなら「一太郎」、
表計算ソフトなら「Lotus123」の時代でした。

そして、ピーピーピー、ガーガーガーの
パソコン通信が浸透する少し前でもありました。

それらを1990年に一気に入手していたので、
自分でも時代の先取りをしていたのかな・・とは思います。
しかし、当初は「豚に真珠」でした。


浮川氏の話に戻します。
奥様の初子さんと夫唱婦随で
ワープロソフト「一太郎」を生んだジャストシステムを創業された
当時の話は大変興味があります。

そして、
どういう経緯でジャストシステムを手放されたのか、
その真相をしることができると、
これからの記事に期待をしています。

★日経新聞 私の履歴書 浮川和宣氏
https://www.nikkei.com/stories/topic_resume_22022500

 

|

« 文京区白山の青果店「スターフルーツ」、買い物レポートNO20.3月11日。長ネギ3本100円!! | トップページ | "Hero"、David Millerの前振りと、Sébastien Izambardの出だし、そして、特別ゲストのSteven LaBrie.・・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

仕事」カテゴリの記事

お勧めの逸品」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 文京区白山の青果店「スターフルーツ」、買い物レポートNO20.3月11日。長ネギ3本100円!! | トップページ | "Hero"、David Millerの前振りと、Sébastien Izambardの出だし、そして、特別ゲストのSteven LaBrie.・・・・ »