« エリザベス女王&パディントンのお茶会、ユーモアもあり、さすが英国と思います。 | トップページ | ビッグ・イシューを路上で売っていた英ウィリアム王子、感動しました。 »

2022/06/09

脳梗塞を発病(2015/6/9)して、今日8年目を迎えました。今もまだ右手はシビレてます。1年前と変わってない感じです。

2015年6月9日、私は、脳梗塞になり入院しました。
その年も今日と同じように薄日が差してました。

11時頃だったでしょうか、
東大正門前の職場からタクシーをひろい、
飯田橋の「JCHO東京新宿メディカルセンター」に向かいました。

フラフラしてましたが、一人で歩ける状態だったので、
救急車は利用しませんでした。

しかし、そのためか、普通の外来扱いで、
数時間待っての診察でした。

診察のとき、目を閉じて、
両手を肩の位置にあげる検査で、
即、「はい、脳梗塞です。このまま入院してください。」
と言われました。
たしかにしっかり両腕をあげていたのに、
右腕は下に下がってました。

仕事をやり残していたので、
「一端、会社に戻っていいですか?」
と先生に聞いた位、青天の霹靂という心境でした。
しかし、心は穏やかだったように記憶します。

入院時に書かせられる幾枚かの書類、
字になっていませんでした。
右半身が不自由になっていたためです。

確か18時過ぎに電気仕掛けの点滴が始まりました。
21時頃、会社の社長に、スマホから
状況の説明のため電話した記憶もあります。


と、2015年の今日のこと、しっかりと覚えています。

7年経過しても、まだ右手と、口の右側のシビレは相変わらず残っています。
右足も、違和感というかブラブラ感は残っています。

しかし、再発せずに8年目を迎えることができました。

 

 

|

« エリザベス女王&パディントンのお茶会、ユーモアもあり、さすが英国と思います。 | トップページ | ビッグ・イシューを路上で売っていた英ウィリアム王子、感動しました。 »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

仕事」カテゴリの記事

脳梗塞」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« エリザベス女王&パディントンのお茶会、ユーモアもあり、さすが英国と思います。 | トップページ | ビッグ・イシューを路上で売っていた英ウィリアム王子、感動しました。 »