カテゴリー「ニュース」の65件の記事

2022/01/08

新型コロナ、世界の感染者数が1月7日に、3億人を超えました。

米ジョンズ・ホプキンス大のデータによると、
新型コロナの感染者数が、
2022年1月7日に、世界の感染者数が累積3億人を超えたとのこと。

パンデミック。

思い起こせば、2年前の2月位まで、
こんなことが起きるとは思ってもいませんでした。

その年の8月には、職場の同僚がコロナ感染し、
私は濃厚接触者になりました。
丁度、その時は日本の第2波にあたるころでした。

それが、今度は第6波を迎えようとしています。
こんなに長引くとは・・・


2020/1/22から昨日(2022/1/7)までの
感染者等の推移が動的グラフでわかるサイトを見つけました。。

★人口あたりの新型コロナウイルス感染者数の推移【世界・国別】
https://web.sapmed.ac.jp/canmol/coronavirus/index.html?s=y&f=y&n=j&c=1&p=1&d=1

ページの中ほどは、
人口100万人以上の国、すべての国、実数表示等が
累積、過去7日間等および
自動、手動の組み合わせで、動的グラフが表示できます。

★人口100万人あたりの感染率
https://web.sapmed.ac.jp/canmol/coronavirus/index.html?s=y&f=y&n=j&c=1&p=1


昨年ご紹介した、下記のサイトは、昨年の1/27までで更新が終わっています。
2020/1/23から2021/1/27までの動的グラフ
https://vdata.nikkei.com/newsgraphics/coronavirus-barchart-race/
上記のグラフでは、去年の1月に1億人を超えたことがわかります。

 

それぞれの努力で、感染を防ぐしかありません。
しかし、気を付けていてもかかるものはかかる、という世界なのかも・・・

| | コメント (0)

2022/01/03

IL DIVO カルロス・マリンがコロナで亡くなっていた、、、なんということでしょ、、、、、、、

昨日、私は、久しぶりにIL DIVOの記事を書きました。

IL DIVOに関する記事は、数年ぶりだったはずです。
それくらい、公私ともどもいろいろあって、
彼らの歌から離れていました。

昨日の記事を読んだ福岡の妹が、先ほどメールで教えてくれました。
Carlos Marinが新型コロナ感染で先月亡くなっていたことを・・・・
なんと、、なんと、、、

★イル・ディーヴォ、カルロス・マリン氏死去 53歳、新型コロナ感染
https://news.yahoo.co.jp/articles/931e13b30e119e5d9f42228282f6570d7e810a0d

★IL DIVOのHP
https://ildivo.com/
昨日見たのにトップページにそのニュースは見つけられませんでした。

しかし、その奥のコーナーに記事がありました。
https://ildivo.com/news/it-is-with-heavy-hearts-that-we-are-letting-you-know-that-our-friend-and-partner-carlos-marin-has-passed-away/

★In Memory of Carlos Marin
https://blog.goo.ne.jp/areasmlc/e/31aebd26ba58691bebede608c3864051
URS、Seb、David、Rosa and Mama(お姉さんとお母さん)のコメントが
日本語訳とともに聴くことができます。

ああ、それにしても・・・・。

あの4重唱がもう聴けないなんて!!!!
ショックです。


私が初めてIL DIVOを知ったのは下記の映像。
★IL DIVO - Regresa a Mi (Unbreak My Heart) (Video)
https://www.youtube.com/watch?v=DJNzmNB48no

下記の映像は、もっとも私が好きな映像です。
★IL DIVO - Adagio (Live Video)
https://www.youtube.com/watch?v=w77SFM7Fksc

ご冥福を心よりお祈りします。

| | コメント (0)

2021/11/13

ほんとにもったいない!!!胡蝶蘭、大量廃棄ですって。

一昨日昼休み職場でネットを見ていると
下記のニュースに遭遇しました。

★議員会館の悪しき慣習…「胡蝶蘭」の“大量廃棄の現場”
https://news.yahoo.co.jp/articles/43d9b12fe338fd9f7193b48e4590d1caacb0f486

記事によると、
東京の衆議院議員会館のゴミ捨て場、
役員や大臣・副大臣・政務官に就任した議員宛に届いた胡蝶蘭は
ゴミ回収の業者によって大量廃棄されている
とのこと・・・。

なんと悪しき慣習。

一鉢数万円以上の高級花。

「あげます」「譲ります」と言われれば、
永田町まで取りに行くのですが・・・

回収した業者さんが、
うまくSGDsやってくれているといいのですが。。

 

| | コメント (0)

2021/10/26

顎をひく姿勢!!!これこそ理想の姿勢ではないでしょうか?

今日、2021年10月26日、ネットニュースはある出来事の記事が満載でした。

特に印象的だったのは、お二人の立ち姿のアップ写真。
なぜ印象的だったかというと「立ち姿の美しさ」を感じ、
これこそ見習いたい・・・と思ったものの、
それとは対照的な、もうお一方のお姿でした。

その方、顎を出しての立ち姿だったのですが、
「美しさ」とは対照的でした。

そういえば、その方、ネットニュースの映像でも写真でも、
横顔はいつも顎がでています。

その方のご親族のサングラス姿も顎がでています。

私もどちらかというと、生まれつきの眼球のせいで、
顎を出しがちな姿勢です。

しかし、今日、目にした写真で、
顎を引く姿勢こそ美しい!!を実感しました。

日々、美しい姿勢を保ちたいと、改めて決心しました。

 

| | コメント (0)

2021/09/21

株価急落。中国恒大集団(エバー・グランデ)の経営状態が世界経済を揺るがしています。

昨日このブログにアップした記事「33年ぶりの12陽連」も
きれいにぶっ飛ぶ大荒れの世界経済。
---------------
 「中国恒大集団はいつ破綻するのか? 中国政府は救済するのか?」
 週明けの2021年9月20日、ウォール街はこの話題で持ちきりだった。
---------------
上記は、日経サイトの今日の記事の一部です。
まるで、これは、2008年のリーマンショックの再来かと思わせる記事です。

2008年9月リーマンブラザーズ破たんは、今でも記憶に残る大ニュースでした。
当時、ちょうどU社の株式投資講座のコンテンツ作成で、
土曜日以外は平日は会社泊まり込みで仕事をしていました。

今でも、当時の米国財務長官ヘンリー・ポールソン氏の
会見の様子が目に浮かびます。
リーマンブラザーズは米国政府に救済されませんでした。
これが引き金となったリーマンショック。
中国恒大集団は中国政府に救済されるのでしょうか?
★社債3兆円、迫る償還期限 中国恒大集団 高まる債務不履行の不安
★世界で株価下落の連鎖 中国恒大集団発の金融危機は起こるのか

| | コメント (0)

2021/09/20

株価の陽線が続くことをいう「陽連」。「33年ぶりの12陽連」で景気好転に期待したいです。

数日前の9月16日、日経新聞朝刊で
「日経平均、12日連続「陽線」 33年7カ月ぶり記録」
という見出しの記事を目にしました。

その記事で知った言葉は「陽連」。
陽線が続くことをいうそうです。


今日(9/20)の「会社四季報ONLINE」のサイトにも
「33年ぶりの12陽連」で日経平均の"大相場"が始まった?
https://shikiho.jp/news/0/457006
という記事が掲載されています。

過去の株価の動きを踏まえながらの記事には
「12陽連は大相場のスタートかもしれない」
という中見出しもあります。
この記事にあるように期待したいですね。


余談ですが、この記事の写真、
岸田氏は達筆です。
なんかお習字も再開したくなりました。

★日経新聞
日経平均、12日連続「陽線」 33年7カ月ぶり
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUB00023_V10C21A9000000/

| | コメント (0)

2021/09/15

京浜急行の伝説記事、そうだそうだ!!!と思いました。京急って、とっても面白いんです!!!

今日、お昼休み、お弁当を食べながらネットをみていると、
下記の記事に出くわしました。

★クセが強い鉄道ファンも一目置いている?「京急バンカラ伝説」
https://news.yahoo.co.jp/articles/b21f0fc623c345ced08147d3ccf905975a959c78?page=1

私は通勤で通算30年近く、京急を利用していますが、
この記事には「そうだ!そうだ!!」と思うところがたくさんありました。

まず、前提として、私は京急の大ファンです。

「そうだ!そうだ!!」と思った部分は、いくつもありますが、
その一つ、
-----
“駆け込み乗車はお・や・め・く・だ・さ・い!”と追撃される(苦笑)。
-----
の部分。

わたし、つい1か月前位、京急品川駅で、
女性の声で、
「あ・か・せ・ん・の・わ・く・に・お・な・ら・び・のお客様から・・・」
と、まるで、
「いうことを聞かない生徒に先生がキレテ注意する」口調で、
構内アナウンスするのを耳にしました。

そのとき私は、下りホーム後ろの増設車両の乗り場にいたため、
浅草線京急直通の8両編成部分の乗り場の様子は全く見えないので、
「赤線枠以外から乗り込む人がいて、
並んで乗車するお客様を守るため」に
発せられたアナウンスなのかな・・・とは思ったのですが、
これを耳にしたとき、
「あらあら、そんなルール違反の乗客がいるのね・・でも・・・
お客様はお客様、そんな口調はないのでは??」と
正直思いました。

そういえば、同じ京急品川駅で、数か月間に、
若い男性の完全にキレタ構内アナウンスを耳にしたこともあります。
「それほどマナーが悪い乗客がいるのかな・・・、
 でもそんなにキレナクテモ・・・・」

利用者と京急の相対関係だと思います。

そうそう、この数年前、京浜急行下り普通で、
大きな荷車をひいて乗っていた乗客を目にしました。
その方、私と同じ黄金町で降りていきました・・・・・
「さすが京浜急行!!さすが黄金町!!!」と正直思いました。

 

| | コメント (0)

2021/09/09

B-ぐる 本郷・湯島ルート 9/30運行開始(文京区の100円バス)

今日、職場のポストに、文京区報最新版が入っていました。

その1面は、
「B-ぐる 本郷・湯島ルート 9/30運行開始!!!」

★文京区報
B20210909


「B-ぐる」とは、文京区内を走る100円バス。
現在は、「千駄木・駒込ルート」と「目白台・小日向ルート」の2路線が
年中無休で20分おきに走っています。

私は、職場(文京区白山)から、文京区役所や小石川税務署へなど、
「千駄木・駒込ルート」を度々利用しています。

今日の区報で「本郷・湯島ルート」という文字を見たとき、
これは観光ルート巡りができる!!!と早とちりをしてしまいました。

早とちりと思ったのは、ルートをよくよく見ると、
あくまでも文京区民が文京区役所(春日)へ通いやすく、
の路線回りでした。

本郷通りにある東大の赤門など、
本郷地区にある数々の名所からは少しルートが外れています。

しかし、樋口一葉が通った質屋がある菊坂通りは通る!!など、
土地勘が乏しい湯島やお茶の水付近にも、名所旧跡があり、
文京区100円バスの新ルートは楽しそうです。

一度時間を作って、100円で新しい路線を
全ルート乗りタオしたいと思います。

★2021年9月10日号 区報「ぶんきょう」
https://www.city.bunkyo.lg.jp/var/rev0/0222/3428/20210910.pdf

| | コメント (0)

2021/08/14

ジャマイカの金メダリストの「バスを間違い大ピンチ」を助けた大会スタッフのティヤナさんのインタビュー記事。彼女のとっさの判断と行動に感服です。

数日前から注目しているニュースがあります。
ジャマイカの金メダリスト、ハンスル・パーチメント選手の話です。

初めてこの出来事を知ったのはたしか、8/12の夜にみた下記の記事だったと思います。
★バス間違った海外選手、日本人女性の助けで金メダル獲得に母国首相が賛辞「完璧だ」
https://news.yahoo.co.jp/articles/932cb0c28a256054b38ca111c6a332ada3608c16
この記事にはパーチメント選手の自撮りのビデオもあります。
助けてくれた女性スタッフを探しに、選手村からバスに乗り再会を果たす光景です。

映像ではその女性のことをボランティアといっていますが、
ニュースが重なるたびに近畿日本ツーリスト関係の大会スタッフ
だったということが分かります。

映像には、嬉しそうにパーチメント選手は、ティヤナさんに金メダルを見せ、
そして借りていたお金も返す光景もあります。


そして、先ほど下記の新しい記事を目にしました。
★バスを間違えた五輪選手を救ったティヤナさんが語る。競技に出られなければ「一生後悔させてしまう」
https://news.yahoo.co.jp/articles/979d662123704561d21977613e5be2ce02938c2e

この記事は、ハフポスト日本版の取材に答えたティヤナさんの記事ですが、
ポケットマネーをそっと渡したときの状況も語られています。

彼女の判断、とても素晴らしいと思いました。

「私が持っている1万円は、私が働けばまた手にすることができる。
でも、彼は何の選手か分かっていなかったけど、
(略)今ここに彼が居られることは奇跡かもしれなかったわけで。
(略)「きっと国中のいろんなものを背負って、
人生かけて今日本に来てくれたんだろう」と思うと、
試合に出られなくて一生後悔させてしまうかもしれないことを私にはできなくて……。
それで誠に勝手ながら手で隠しながら手渡しました。」

(全部ここで紹介したくらい彼女の素晴らしい考えなのですが、
 著作権の関係で省きました。是非上記の記事をご覧ください)

コロナ禍で開催されるかどうか分らなかったオリンピックが
急遽やっと開催されることになった状況における選手の気持ちをよく理解し、
また、周りの状況も察し、
そしてとっさに行動にうつす判断力と実行力。
ほんとに奇跡の上に奇跡が重なったとおもえます。


★パーチメント選手のインスタグラム parchment_hansle
https://www.instagram.com/tv/CSRl4aqhYXP/

★Olympian Finds Volunteer Who Paid For Cab To Race That Led Him To A Gold Medal
https://www.huffpost.com/entry/hansle-parchment-tokyo-olympics-volunteer_n_6114579ee4b0454ed709d984?d_id=2491446

★金メダルを手に「あなたのおかげ」と感謝。バスを間違えた選手を大会関係スタッフが救う【東京オリンピック】
https://www.huffingtonpost.jp/entry/olympian-finds-volunteer_jp_6115af2ae4b0454ed70bd440?utm_hp_ref=yahoo

★【動画】ティヤナさんに金メダルを見せて「あなたのおかげ」と感謝を伝えるパーチメント選手
https://www.huffingtonpost.jp/entry/gazouwaku_jp_61165c30e4b01da700f4c9ec?utm_hp_ref=yahoo

★東京五輪 ジャマイカの金メダリスト 大ピンチ救った日本人スタッフへ感謝の動画に世界中から大反響
https://news.yahoo.co.jp/articles/5c9cde7e9bb41d93651b85e6f83667011270a1b0

 

パーチメント選手の自撮りの映像は秀逸です。
(私でもわかる)英語で事の経緯を話し、そして、
ティヤナさんとの再会場面は映画のようです。

| | コメント (0)

2021/08/10

「警察の巡回連絡」。私も2~3カ月前に「はじめて」自宅にて警察官の来訪を受けました。

今日、職場で昼休み、ネットを見ていると、下記の記事に遭遇しました。
★【追う!マイ・カナガワ】「警察の巡回連絡」…突然の来訪、踏み込んだ質問に「不安です」 狙いや実情を取材してみた
https://news.yahoo.co.jp/articles/197390556d9609f01deff940528b82192bad0c73

そう、私も2~3カ月前に、
神奈川県警伊勢佐木署の警察官の来訪を受けました。
上記の記事の写真にあるように、
「巡回連絡カード」を照会しながら実態調査です。

私は今の住居に住みだして20数年になりますが、
実はこの「警察の巡回連絡」は初めてでした。
というのは、2015年に脳梗塞を発病するまで、
平日はもちろん、土日祝日も仕事で留守にしていたため、
その来訪に遭遇しなかった、という状況だったかと思います。

警察の方の訪問時、その方は
制服を着て警察官のいで立ちをされ、
さらに「警察手帳」を提示されましたので、
話せるところまでは話しました。

  「警察手帳」。これって本物かどうかの見分け方はわかりません・・・
  疑うわけではないのですが、精巧につくられた偽物もあるはずで、
  偽物チェックのポイントがあれば知りたいです。。。


ヒアリングにより、子供たちの現在の連絡先を確認しました。
一人暮らしなので、なにかあったら、安心です。


ところで、余談なのですが、最後に
「何かほかにありますか?」と警察官が尋ねられたとき、
「ああ、そうそう・・・。この公団の1階入り口前に
 真向いの小さなマンションがあり、
 道路に小さなゴミ集積場があるのですが、これが汚い。
 いつもカラスに食べ散らかされて、道路一杯ゴミが散乱・・・。」
と話しました。
ごみの問題は警察のお仕事ではない・・・ので、
余計なことだと思いつつ、・・・・


ただ、そこでまた、思い出したある光景も話しました。

公団とそのマンションの間の小さな一車線の道路は、
一方通行なのですが、あるとき、赤信号で車が止まっているとき、
その車から大量の大きなゴミを
そのゴミ集積場に置いているのを目撃しました。
つまり、お向かいのマンションの方は被害者になります。

警察の方は、その話をじっくり聞いてくださいました。

その効果かどうかわかりませんが、
最近、公団エレベーターホールに下記のポスターが貼りだされました。

★「創ろう きれいな街 誇れる街」伊勢佐木警察署
Photo_20210810234201


私が警察の方にお話しした内容のポスターです。

とはいえ、この「きれいな街」問題は、
私の住居の近辺だけではない伊勢佐木警察署所轄地域全体の問題です。
通勤している東京都文京区と比べると、街の状況は雲泥の差です。

また、この伊勢佐木署のポスターはいろいろあり、
デザインは同じで、コピーが
土地柄、「安心の街」をアピールしているのも見たことがあります。

とはいえ、日本は、やっぱり世界一、安心安全な国です。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧