カテゴリー「書籍・雑誌」の72件の記事

2022/06/24

「姑の遺品整理は迷惑です」(垣谷美雨著)を読み終えて

2022年6月11日の朝日新聞に、大きな
「姑の遺品整理は迷惑です」の書籍広告が出ていました。
即、amazonで注文しました。題名に惹かれてです。。。。

私は、今、引越の準備をしています。
といっても、まだどこにどういう広さの家に引っ越すか未定です。

横浜市営住宅の抽選にあたってはいるものの、
それらが判明するのは7月初旬ということ、らしく・・・。
ある特殊な募集であるため?としか、この状況の説明はできません。


この5月初旬までは仕事で忙しかったのですが、
それ後の1カ月、休日だけではありますが今は引越の準備中です。

50㎡近くの広さがある25年以上住んでいる今の部屋、
しかもその間、土日も仕事という状況だったので、
部屋の中は、もうグッチャグチャ。
いうなれば「ジャングル」。

この1カ月(といっても土日)はやっと荷物整理ができる状態。

しかし、25年も住んでいて引越以来初めて見る荷物に出くわし、
こういうのが多数で、自分でもへとへと・・・。


「姑の遺品整理は迷惑です」の本に話題を戻しますが、
通勤途中で電車の中で読んでいましたが、
なかなか自分の現状と一致するものが多々ありました。

主人公のお姑さんが脳梗塞で突然に亡くなるのですが、
その遺品整理の過程を描いています。

「○○○を溜め込んで・・・」
という描写には、○○○と同じものではありませんが、
「私も同類だ、残された人には同じ思いをさせてしまう、
これではいけない!!」と思いながら
物語を読み進めました。

遺品整理で70万円かかった友人の話など、
現実的な話に脅威することもありました。

物語の主人公は、姑の団地での生き方により、
その周りの人たちの助けで、
なんとか遺品整理を自力で乗り越えました。
その逸話が実に見事に描かれています。


この小説を読み終えたいま、
生前整理、肝に免じて実行しなければ!!
という気持ちが、今みなぎっています。

★双葉文庫「姑の遺品整理は、迷惑です」
https://www.futabasha.co.jp/booksdb/smp/book/bookview/978-4-575-52562-5/smp.html

 

| | コメント (0)

2022/04/30

「87歳、古い団地で愉しむひとりの暮らし」届いた今日、読み終えました。

Amazonより、午前中に届いた
「87歳、古い団地で愉しむひとりの暮らし」
一気に読み終えました。

同じような文字量の本だと、大体私は最低3日位で読み終えるのですが、
最後まで読みたくて、数時間で読み終えました。

多良美智子さんの生き方、ほぼ同感できました。
食事や料理、家族との距離の持ち方、
器や花への想い、ご主人様のご葬儀、
ひととの付き合いなどなど、
いろいろな面で、私の理想に近いと思いました。

今日、お天気が良かったので、
電車で横浜へ散歩に行きました。
横浜駅周辺のブラブラ散歩が私の運動です。
ジョイナスの有隣堂では、この本が、
目立つところにたくさん平積みしてありました。


昨日、YouTubeで聴いていた多良さんのお話の仕方、
どことなく実家の母(95歳)に似ていると思ったのですが、
長崎のご出身だったのですね。
母は博多育ちですが、親戚は長崎が多いです。

 

一昨日の金曜日、仕事で大きな障害が発生し、
私自身立ち直れるかどうかの状態だったのですが、
この「87歳、古い団地で愉しむひとりの暮らし」を読んで、
その不安は吹っ飛びました。

206ページある言葉、
「物事は良い方に考えるようにしています」
金曜日の出来事もそう考えたいと思います。

| | コメント (0)

2022/04/29

「87歳、古い団地で愉しむひとりの暮らし」明日、本が届きます。

今日の朝日新聞に大きく写真付きで
「87歳、古い団地で愉しむひとりの暮らし」
の書籍広告が出ていました。

題名は「87歳、古い団地で愉しむひとりの暮らし」。
多良美智子さんの生き方を記した本の様です。

私はこの7月に、今の50㎡弱の部屋から
別の団地に引越す予定です。

  ところが、2カ月少し前の今でも、
  どこの団地の、何階のどういう広さ、どういう間取り、家賃など、
  まったく不明なのです・・・。
  わかっていることは、今よりも家賃は安くなる、狭くなる、
  いまより交通が不便なところ、この3点です。

  これについては、後日、リポートを書きたいと思っています。

引っ越すにあたっては、まず、
今のドンキなみの家財道具を整理しなければなりません。

この大型連休中に早速荷物を片付ける予定しています。

「断捨離」が今の流行ですが、
一方で五木寛之の本の題名「捨てない生き方」にも魅かれています。

そういう時に目にした、多良美智子さんの生き方。

Amazonで検索すると、本の内容がもう少し詳しく紹介されていました。
決して「断捨離」ではなく、生き生きとした台所の様子など、
何点か紹介されている写真は私の理想とする生活です。

即、本は注文しました。
明日、届きます。

広告の中にYouTube「Earth おばあちゃんねる」の紹介もありました。
早速、2本見ました。

私(今69歳)より18歳上の多良美智子さん。

赤いやかんや、手作りコースターや、
夜ごはんの食卓、お酒の様子、お裁縫箱、古い箪笥などなど。

私も、こうなりたいと思っているのかな・・・という
自分の具体的な一面に気付きました。

保存食を作る!【87歳の団地一人暮らしの日常】
https://www.youtube.com/watch?v=-z37B-Z1S1g

  

 

| | コメント (0)

2021/11/23

Amazonと図書館の連携に「Libron(リブロン)」使い始めました。便利です。

このブログで何度かご紹介している「その本、図書館にあります。」。
Chromeの無料で使えるアドオンソフトです。
ところが、ここ1年以上になりますでしょうか?

ずっと、下記のまま・・・・
★検索中のまま
Photo_20211123135202
「・・・図書館から検索中」

この状況は、「その本、図書館にあります。」でも把握されているようで、
「・・・調査中」のメッセージがトップページに掲載されています。
★調査中
Photo_20211123134902

https://sonohon.com/

Amazonと図書館の連携は、私にとって欠かせない機能です。

買う前に図書館でその本を読んで、あるいはざっと見て、
それでも必要なら買う、という流れで
どんなに便利に使っていたことか・・・

それで、数日前、ついに似たような機能を持つツールに出会いました。
それは、「Libron(リブロン)」。

Firefoxにインストールしました。
Amazonで、自動的に、
図書館の本を検索してくれ、見つかれば
「・・・で予約する」が表示されます。

検索から本予約までの具体的な流れは次のようになります。
※なお、あらかじめ利用する図書館の設定をしておく必要があります。

1.Amazonで読みたい本を表示すると、
  近所の図書館にあれば下記の表示が出ます。
1_cut

2.「神奈川県横浜市で予約する」ボタンをクリック
Yokohamayayaku_20211123135201

3.登録している図書館ページが自動的に開きます。
2_cut_20211123134901

4.ログインすると、検索した本の詳細が表示されます。
  「予約申込」ボタンをクリック
  (なんとこの時点で177人も予約していた・・・
   さすが話題の本です!!!)
3_cut

5.「予約申込」ボタンをクリック
4_cut

6.「予約完了」の画面が表示されます。
5_cut


順番がくると、図書館から
「お客様にご予約いただいた資料の用意ができました。」メールが
届きます。

Amazonと図書館の連携は、私の生活にかかせない仕組みです。
また利用できるようになってほんとにうれしいです。

★Libron
https://www.libron.net/

| | コメント (0)

2021/10/24

amazonの電子書籍、iPhone5Sで案外読みやすいことを発見。字の大きさ・明るさ、なんといっても通勤時の荷物とは無関係が魅力。

先月、日経新聞で、日本総合研究所理事長翁百合氏の
座右の書の紹介がありました。
座右の書の一つは、河合隼雄の『こころの処方箋』。
悩んだり迷ったりしたときに何度も読んでいるとのこと。

早速読んでみたく、アマゾンを見ると、売り切れ。
いつものことですが、新聞で紹介された本はすぐ売り切れになります。

最近、蔵書を減らすという取り組みを始めたこともあり、
ならと、電子書籍を注文しました。

そもそも文庫本は大方文字だけなので、
電子書籍は本と比べて遜色ありません。

Kindleアプリを入れているiPhone5Sで、
通勤電車内で、読んでいるのですが、これが案外読みやすい。

明るさ、文字の大きさ、問題ありません。
なんといっても、通勤に本を持ち歩く必要がない手軽さが
今の私にピッタシです。

★iPhone5S
Iphone_20211024194701

★Kindle
Img_5778

★こころの処方箋
Img_5743
Img_5744


最近、さらにKindle版小松左京「日本沈没」も買い足しました。


★日経新聞 2021/9/18
河合隼雄さんの本がくれた「考えさせられるヒント」
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOCD024K20S1A800C2000000/

| | コメント (0)

2021/10/02

1カ月置きの糖尿病検診、検査結果数値が少し良くなっていました。先生から「この1カ月何かしましたか?」の質問に「糖質OFFの本を読んで・・・」と即答。

今年に入ってヘモグロビンA1cの値が右肩上がりだったので、
糖尿病の通院は1カ月置きになっています。

2015年6月脳梗塞発病後、それまではずっと
3カ月置きの通院でよかったので、
ちょっと大変になりました。

ところが、昨日金曜日(10/1)の血液検査結果
ちょっと嬉しい値が出ました。
なんとヘモグロビンA1cが7.1になっていたのです。
下記は今年の値の推移です。

1月 7.8
3月 8.3
4月 8.0
5月 7.6
6月 7.8
7月 7.9
8月 7.6
10月 7.1

この値をみて、先生は「この1カ月何かしましたか?」と
質問されました。

私は次のように答えました。
「糖質OFFの本を読ました。その本の通り実行しているわけではないのですが、
食事に気を付ける、例えば、炭水化物、果物の果糖です。・・・」

今思えばそのとき「でんぷん」も言えればよかった・・・と
悔しがっているのですが、、、、。

確かに私は、この1カ月、新たな知識を得て、
10月1日の健診に向けて、食事に対して努力というか調整しました。

その知識を得たのは、下記の本です。
★「糖質オフ! 」健康法 主食を抜けば生活習慣病は防げる! (PHP文庫)
Off
Offjpg

Amazonの購入履歴にはないので、おそらく、
街の書店の平積みで表紙に目を魅かれ買った本と思われます。

説得力があったのは、最初の方の28ページ、----
人類の食生活は700万年前から、(当時)糖質オフだった。
農耕を始めたのは1万年前。---
つまり、農耕を始めて米・小麦・芋・果物等が誕生したのであり、
その歴史は1/700しか経っていない、
人類の体はまだ糖質オフが自然の状態である・・・・

この分析は確かにそうだそうだと思いました。
従って、そのあとに説明される食については
「ガッテン・ガッテン・ガッテン・・・」

しかしこの本の通りに実行することはなかなか難しい・・
・まず、毎日お弁当にいれている白御飯
・土日の、うどん・ラーメン・焼きそば・スパの麺類
・1カ月に最低2度は購入する横浜高島屋の1,080円のお得な果物セット
・数か月一度のドミノピザ
これらすべて私の大好物。

これらを全部シャットアウト!!!、なんて私にはできません!!!
しかし、上記の知識を得て、気を付けていた結果が
「7.1」と数値だったかも知れません。

それともうひとつ、この本で知った「牛乳」も糖質あり。


私、「朝食はなしで、薬を牛乳で飲む」が
ここ数年の習慣だったのですが、
昨日は、「薬を水で飲む」にしたところl、
血糖値も131という好結果を得ました。

しかし、「健診の値って上下する」と思っていたほうが無難です。
次回の健診は11月5日。


知識を更に得るべく、先ほどAmazonで、
上記の本と同じ執筆者江部康二氏の最新版
・・・よくわかる! すぐできる! 「糖質オフ! 」健康法・・・
を注文しました。

努力する、継続は力なり。

| | コメント (0)

2021/06/20

「高田賢三回顧展」に行ってきました。アンノン族の私、フォークロア調スカーフを20代当初に買っています。

2021年6月17日の朝日新聞夕刊に「高田賢三の仕事 一堂に」という記事を見つけました。

★高田賢三の仕事、一堂に 回顧展、27日まで
https://digital.asahi.com/articles/DA3S14941616.html

高田賢三氏は、昨年コロナで急逝されました。
驚きとともに、好きなデザイナーだったので残念でした。

20代前後に購読していた「ノンノ」で、時々紹介されていた
高田賢三氏の特にフォークロア調の洋服はとても好きでした。

大判の綿の、フォークロア調スカーフを当時買いましたが、
ジーンズ生地のワンピースに装っていたことを思い出します。


昨日の土曜日、早速回顧展に行きました。
Img5560
★会場の様子
Img5547

Img5554

Img5552

Img5553

Img5551

小雨が降っていたので、JR新宿駅から地下を歩きました。
少々迷いましたが、とにかく、地下通路の最後まで歩く、
ことでたどりつきました。

会場には、雨にもかかわらず沢山の方が来場していました。

もう、数十年以上前の作品なので、実物そのものは、
少し色あせている感じは否めませんでしたが、
高田賢三氏の特徴である「木綿の詩人」「色彩の魔術師」
は十分に伝わりました。

特に会場で見られるファッションショーのスライドは、
色合いの斬新さに引き付けられました。

ところで、全く余談ですが、
装苑賞をもらった服(第8回 装苑賞受賞作品)の
写真のモデルは入江美樹さん・・と思います。
https://www.bunka-fc.ac.jp/ct-college/15716/
入江美樹さんは、小澤征爾氏の奥様です。

髙田賢三の軌跡を辿る回顧展が文化学園服飾博物館で、1970~80年代パリモードを牽引した服飾作品など
https://www.fashion-press.net/news/72216

★会場で入手した図録(1,000円)
Img5559

Img5558

ファンには必読の書です。

 

| | コメント (0)

2021/05/10

「トラブルを自分磨きの手段にする」という新聞の書籍広告の言葉に惹かれ、丹羽宇一郎著「人間の器」を読みました。

新聞の書籍広告に、目次の一部が内容の紹介としてありました。
その一つの「トラブルを自分磨きの手段にする」という文字に
グッと惹かれました。
その書籍とは、丹羽宇一郎著「人間の器」(幻冬舎新書)です。

早速購入し、通勤電車の中で少しずつ読み進め、昨日読み終えました。

「トラブルを自分磨きの手段にする」は2ページの内容なので、
立ち読みでも読める分量ですが、それはせず、
書店で本を購入し、しかもあえて私は1ページ目から読み始めました。

最後のほうで「トラブルを自分磨きの手段にする」が出てきました。

今、あらためてその箇所を読み直しました。

生きていると、様々なトラブルに出会います。
そのとき、再度、この箇所を読むことにより
ポジティブに問題に対処する勇気をもらえる気がします。


この本は181ページありますが、その最後は、
アフガニスタンで亡くなった中村哲氏の話でした。
確かに中村医師の生き方は「人間の器」とは?
を考えさせられました。

オススメの本です。

★幻冬舎新書「人間の器」
https://www.gentosha.co.jp/book/b13613.html

| | コメント (0)

2021/04/25

---「育ちがいい人」だけが知っていること---読み終えました。約8カ月待って図書館の本で読めました。

---「育ちがいい人」だけが知っていること(諏内 えみ著)---
今日読み終えました。
そうです、長い間ベストセラーになっている本です。

昨年8月に横浜市の図書館サイトで予約し、
約9カ月後に貸し出しの順番が回ってきた次第です。
予約した当時、確か数百人の予約がありました。

読み終えたときの第一の感想、
「書籍は本のタイトルが最重要!!」を改めて認識!!です。

この本の内容は単にマナーに関する本といっても過言ではないと思います。
それがこれだけのベストセラーになったのは、
「育ち」という言葉がキーポイント、と思います。

今でも、Google+アマゾンサイトでこの本を検索すると
「この本が図書館にあるか検索by その本、図書館にあります。」
のアプリが表示する横浜市内の20近くの図書館が
いずれもこの本を所有し、さらに
「貸出中」あるいは「予約中」であることがわかります。
つまり、まだまだ根強い人気ということでしょう。

この本は、257のシチュエーションでのマナーを解説しています。
私はそれらを「正解は?」ということでクイズ形式で読みました。
ほぼ当たっていました。
なお、かといって私が育ちがいい人とは思っていません。

 現に、数年前、会社の同僚から、
 「木場さんはどういう育てられ方をしたのか???」と、
 面と向かって言われたことがあります。
 私の声があまりにも大きく、聞こえたらしく、
 その発言となったらしいです。

どちらにしても、この本の257のシチュエーションで、
改めて認識したことは2~3個ありました。

221・・盛り合わせを頂くときは
 手前や左からいただく
229・・レストランでは手はテーブルの上に
 ---ヨーロッパでは--

229に関してはちょうどネットフリックスで、
「The Crown」を時間をみつけては見ているので、
それを確認したいと思っています。


やっぱりこの本の読後感想は、
「書籍は売れるかどうかはタイトルが重要」ということを
改めて認識させられた次第です。

| | コメント (0)

2021/01/06

歩き方を劇的に変えたのも2020年でした。ある広告にめぐりあって・・・

2020年春、私はある広告と本に遭遇したことにより、
かねてから気になっていた歩き方を理想とする歩き方に替えました。

私の理想は、姿勢よくは当然のこと、
プラス前足がピンと一直線になる歩きかたです。

まだJR東海道線を利用していた2020年の年初、
東海道線上りの満員電車に乗るときの私の定位置の真ん前に、
広告業界でいう「ドア横」に掲載されていた広告。

★たしかこれと同じ広告でした。
2247e522d94a49ebb78f921c8a2c10db

(ネット上の画像を拝借しています・・・)

 東海道線上りの満員電車は、
 横浜から東京まで、川崎・品川・新橋が停車駅ですが、
 まず途中駅でも座れないので、ドア付近の「ボウ」にしがみつくのが
 私の通勤スタイルでした。

満員電車のポールにしがみつきながら目に入った広告が上記でした。

数日後、有楽町の三省堂でその本をさがしました。
本の名前はうろ覚え・・・・

ありました!!!
すぐ見つけられたのは、平積み本のPOP広告に、
「電車内の広告の本・・・・」という主旨のコピーがあったからだと思います。

即、間違いなく買いました。

そして、自分の理想の歩き方に近づくポイントも得ました。

特にこのポイントは2点、
本文52ページの
「一歩踏み出すときは・・・かかとからつま先に体重を・・・」」
本文59ページの
「腕は後ろにひく」
です。

この2点で私の歩き方はこの1年大きく変化しました。

とはいえ、まだまだやっと1年近く。
66年間の歩き方をそう簡単には変えられないと自覚しています。

しかし、100歳まであと34年。
きっと、この歩き方は身に着くと信じています。

姿勢よく、歩きたい・・・
私の毎日の目標です。


★「誰でもキレイに見える美しい歩き方」
Hyoushi
Urahyouosi

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧