カテゴリー「美容・コスメ」の7件の記事

2021/10/26

顎をひく姿勢!!!これこそ理想の姿勢ではないでしょうか?

今日、2021年10月26日、ネットニュースはある出来事の記事が満載でした。

特に印象的だったのは、お二人の立ち姿のアップ写真。
なぜ印象的だったかというと「立ち姿の美しさ」を感じ、
これこそ見習いたい・・・と思ったものの、
それとは対照的な、もうお一方のお姿でした。

その方、顎を出しての立ち姿だったのですが、
「美しさ」とは対照的でした。

そういえば、その方、ネットニュースの映像でも写真でも、
横顔はいつも顎がでています。

その方のご親族のサングラス姿も顎がでています。

私もどちらかというと、生まれつきの眼球のせいで、
顎を出しがちな姿勢です。

しかし、今日、目にした写真で、
顎を引く姿勢こそ美しい!!を実感しました。

日々、美しい姿勢を保ちたいと、改めて決心しました。

 

| | コメント (0)

2021/01/06

歩き方を劇的に変えたのも2020年でした。ある広告にめぐりあって・・・

2020年春、私はある広告と本に遭遇したことにより、
かねてから気になっていた歩き方を理想とする歩き方に替えました。

私の理想は、姿勢よくは当然のこと、
プラス前足がピンと一直線になる歩きかたです。

まだJR東海道線を利用していた2020年の年初、
東海道線上りの満員電車に乗るときの私の定位置の真ん前に、
広告業界でいう「ドア横」に掲載されていた広告。

★たしかこれと同じ広告でした。
2247e522d94a49ebb78f921c8a2c10db

(ネット上の画像を拝借しています・・・)

 東海道線上りの満員電車は、
 横浜から東京まで、川崎・品川・新橋が停車駅ですが、
 まず途中駅でも座れないので、ドア付近の「ボウ」にしがみつくのが
 私の通勤スタイルでした。

満員電車のポールにしがみつきながら目に入った広告が上記でした。

数日後、有楽町の三省堂でその本をさがしました。
本の名前はうろ覚え・・・・

ありました!!!
すぐ見つけられたのは、平積み本のPOP広告に、
「電車内の広告の本・・・・」という主旨のコピーがあったからだと思います。

即、間違いなく買いました。

そして、自分の理想の歩き方に近づくポイントも得ました。

特にこのポイントは2点、
本文52ページの
「一歩踏み出すときは・・・かかとからつま先に体重を・・・」」
本文59ページの
「腕は後ろにひく」
です。

この2点で私の歩き方はこの1年大きく変化しました。

とはいえ、まだまだやっと1年近く。
66年間の歩き方をそう簡単には変えられないと自覚しています。

しかし、100歳まであと34年。
きっと、この歩き方は身に着くと信じています。

姿勢よく、歩きたい・・・
私の毎日の目標です。


★「誰でもキレイに見える美しい歩き方」
Hyoushi
Urahyouosi

 

| | コメント (0)

2020/07/06

マスクの裏、表、これはメーカーによって違います。それと歳の功がなす「プっ!!」

花粉症の季節でもない真夏でも
「みなさんがマスクしているという事実」
今年の夏の光景は一生の思い出になると思います。

さて、最近職場で
マスクの裏と表についてが話題になりました。

実は、マスクの装着について私は少し気になっていたので、
数か月前、ネットで調べていました。

マスクの上・下については、ワイヤーが入っている方が上です。
ところが、ウラオモテについては、
「メーカーによって異なる」が正解です。

 

★私が持っているマスクの「使い方表示」
Mask

上記の写真は、娘から譲ってもらったマスクです。
しっかりと
「ゴムひもがついた側を顔(内側)にむけて装着・・」
と表示されています。

ここまで親切にマスクの装着について説明しているのは、
珍しいのではないでしょうか。
さすが品質を誇る日本のメーカーです。

どちらにしても、実は、この歳(67歳)でのマスク装着は、
プッと笑ってしまう現象に遭遇しています。

なんと、マスクを外すと、
顔の鼻の周り(頬)に「髭」が・・・
まるで「ゲゲゲの鬼太郎」のねずみ男の顔です。
http://www.toei-anim.co.jp/kitaro/character/02.php

つまり、マスクの折がしっかりと、
たるんだ頬に食い込んでいて、
マスクを外したすぐは「ねずみ男」になっているのです。

こればっかりは「歳を隠せない」現象です。
ま、周囲の人に「ぷっ!」が拡散して、
「笑わせられた!!」の実績は積み重ねられますが・・・。

| | コメント (0)

2020/06/29

私、最近のメイクは「100均のアイライナー」+「LANCOMのマスカラ―」+「LANCOMビファシル」で決めています。

 

私はもう数十年以上、化粧品は主にLANCOMを使っています。
特にファンデーションと、マスカラ―と、マスカラ―リムーバー。
この3点は、ずっとLANCOMだけです。

私の化粧のポイントは「目」です。

しかし、上記のLANCOM製品にアイライナーはありません。

アイライナー、この最近のお気に入りは、
なんと「100均ダイソー製品」なのです。

これまでもアイライナーは、LANCOMだけでなく、資生堂や、
メーカー名は忘れてしまいましたが、
アイメイクに強いメーカーの製品等いろいろ試してきました。

しかし、「冒険」と思ってためした「ダイソー100均!!」
見事私のニーズにこたえてくれました。
この100均ダイソー製品は最近のお気に入りです。

★ダイソー 100均のアイライナー

Photo_20200629235401
なんで気に入っているかというと、
そのライナーペンスルの柔らかさです。

アイライナーには、リキッドタイプの製品もありますが、
リキッドタイプは、不器用な私には不向き。
というのも、右手が脳梗塞で不自由な私は、
「ひと筆」すると、あっという間にアッチの方向に
ラインがひかれてしまいます。

なので、リキッドタイプではなくペンスルタイプがお好みなのですが、
そのどれもが「固い固い!!(芯が!)」という製品ばかり。

コンタクトレンズ着用の瞼に、この固さは論外。
レンズが動いてしまいます。
したがって、ある時期、アイブロウのペンスルで
アイラインを引いていた時もありました。


コロナ禍の今、マスクをして通勤をしていますが、
いよいよ、メイクのポイントは「目」です。

「この歳(67歳)になっても美しくいたい!!」
という願望は失せることなく、
通勤の途中で、運よく座れたときは、
姿勢よく座り、足もそれなりに揃え、
立っているときは
「姿勢をシャン!!!として吊革を持つ」
を心がけています。


★Lancomマスカラ
https://www.lancome.jp/makeup/eyes/mascara/
★Lancomビファシル
ポイントメイクアップをすばやく落とすリムーバー(日本処方)
https://www.lancome.jp/makeup/eyes/mascara/

なお、私は「デパートで正規商品を買う」と
「下記のサイトで???のLANCOM製品を買う」
を使い分けています。

★私がよく利用するネット通販サイト「BLANC LAPIN」
https://shopping.yahoo.co.jp/search?brandid=2119&p=BLANC+LAPIN&tab_ex=commerce&area=14&sc_i=shp_pc_search_brand_slctim
いずれも正規価格より何割か安いです。
これまで数十年使っていて、特に問題はありませんでした。


◆余談:
今日、この記事を書くためにLancomのページを
いろいろ調査したのですが、「使いにくい!!!」という印象。
本家なら本家なりのサイトのありようがあるのでは???
という「いらぬお世話」の印象をもってしまいました。

◆さらに余談:
この記事で、このブログの1,000本目の、記念記事となります。
これからも自分なりに「お伝えしたい情報」を発信していきたいと思います。

 

| | コメント (0)

2019/06/08

不思議、ミハマの店員さん、オーソドックスな靴なのにミハマの靴と分かる。。。。

 

私は、ここ4~5年、ミハマの靴しか履いていません。

その理由の一つは、買って初めて履いたにも関わらず、
全くマメも靴擦れもできなかった、
初めて私の足にピッタリというべき、
軽い軽いパンプスにめぐり合った・・・・。
というわけで、毎日の通勤はずっと「ミハマの靴」です。


ところで、今日あることで「2回目の経験」をしたので、
トピックスとして記事にします。

私は、横浜のデパート(高島屋とそごう)でミハマの靴を買うのですが
数年前、高島屋のミハマのコーナーに行くと、
「いつもご利用頂きありがとうございます」と
店員さんに声をかけられました。

なぜ、「いつも・・・」とおっしゃるのか、
疑問に思って尋ねると、
その日履いていた靴が「ミハマの靴」だったからです。

とってもオーソドックスな黒のパンプスにもかかわらず、、、、
「なんでわかるの???・・・・」と、私はびっくりしました。

正直、その店員さんに「どうしてわかるのですか?」と尋ねました。
確か「それはわかりますとも・・・」という答えでした。
私にとっては「ええ??!!!!」という驚きしかありませんでした。
なにしろ普通の黒のパンプスだったからです。

とにかく、そのときは、ミハマの商品を心より理解している
職人根性に敬服しました。


それから数年後の今日の土曜日、わたしは、
昨年買ったミハマのサンダルを履いて、
「仕事で履けるオープントウのパンプスないかな?」と
横浜高島屋のミハマの靴売り場を訪問しました。

靴を探していると、やはり、店員さんに、
「いつもご利用頂きありがとうございます」と
声をかけられました。

もちろん顔パスではありません。
靴売り場の店員さんは「履いている靴」を見ているのです。

そのサンダル、実は、とってもデザインがお気に入りではありますが、
黒で至極オーソドックなものだったにも関わらず。。。デス。


というわけで、私は、今日も関心させられました。
数年前の店員さんとは別の店員さんですが、
つまり「靴」を見ただけで、自社の靴という判断ができる、
スゴイ職人魂というかミハマ魂だと思います。

ところで、今日履いたサンダル、とってもお気に入りです。
素足で履いていて、心地よく、さらにとてもカッコいいのです。
というか、足がとっても綺麗に見えるのです。

今日みた商品陳列台に並んでなかったので、
定番ではないのだな、これは、
一生大事に履かなければイケナイ!!!と思いました。

●ミハマ
https://www.mihama-shoes.co.jp/

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2018/02/04

不器用でめんどくさがり屋にピッタリの美容術「(髪染専門店)QUICK COLOR-Qの利用」、おすすめです。

私は、髪を染めています。
放置するとすぐに「富士山」になります。

「プリン」になるのではないので、私の髪の状況がお分かりになるでしょ?

2~3か月に1度、美容院に行き、
シャンプー・カットとともに、
髪染め(リタッチ=根元のみ)もしてもらいます。


しかし、髪は1か月に1センチ伸びるようです。
つまり、放置していると、
富士山の雪がどんどん広くなって、
髪の富士山ほど、みっともないことこの上ない。

毎月、美容院にいく金銭的余裕はないので、
(1回の費用は全部で約17,000円ほど)
その間、私は自宅で自分で髪を染めていました。

しかし、私は、めんどくさがり屋で
おまけに不器用なので、
それはそれは、メッチャクチャな仕上がり。

材料が悪いのか、塗り方が悪いのか、
数時間かけたわりには、
まわりの家財は「薬剤!!」が飛び散って黒く汚レルわりには、
髪そのものはちっとも染まってない!!!ことも往々にありました。
疲れだけが残り、富士山頭のまま・・・。

そんな中、ある日、新聞の折り込みチラシに、
髪染専門のお店の広告がでてました。
念のためにとっておきました。

1~2年、そのチラシを放置したままでしたが、
今年の1月、仕事はじめの前日に、
とうとう一念発起して、横浜のお店に行きました。

リタッチだと税込みで、2,160円。

美容院と違って、シャンプーの後は、
ドライヤーを使って自分で乾かす必要がありますが、
この値段でしっかり綺麗に髪を染めてくれました。

すっかり、ハマッて、今日、再度行ってきました。

ネットで予約もでき、待つこともなく、さらに、
髪を染めてもらっている間、雑誌も読めるし、
これは絶対お勧めのサービスです。


なお、この安さですから、お店に豪華な感じはありません。
しかし、お店のコピー「早い、安い、キレイ」は実感できます。
あすから、またシャキッとして出勤できます!!!

このニッチなサービスを全国展開する事業を思いついた人、
エライっ!!!!

QUICK COLOR-Q
http://qcq-net.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/08/18

ここ6~7年使い続けている洗顔料「F.A.G.E.」。ケチケチ&豪快に使って1年間に1本の割合で回っています。

私は、化粧品のブランドには割合こだわっています。
というか、ずっと定番のものが多いです。

まず、ファンデーション。これは20年近くずっとランコム。
マスカラ―、これも20年近くずっとランコム。
マスカラ―メイク落とし、これも20年近くずっとランコム。
アイラインは、最近CO-OP生協で見つけた「モテライナー」。
口紅、これは常時3本使っていますが、これも主にランコム。
 常時3本使っているというのは、
 自宅・職場・ハンドバッグでそれぞれ1本。
 なお、時々CO-OP生協で逸品の口紅に出会うこともあり、
 それも併用。

そして、化粧下地というか、乳液・化粧水は
オールインワンが手っ取り早くて使い勝手がよい、
これはロート製薬の「コラーゲン養潤液」。
風呂上りもこの「コラーゲン養潤液」。


そして残るは、洗顔。
実は私はクレンジングは省略して洗顔のみ。

クレンジングを省いているのは、
化粧は朝の1回だけなので、夜はほとんど、
はげ落ちている状況で敢えてクレンジングの必要は感じず。

 もちろん、若いころは、ちゃんと、
 化粧直しもクレンジングも行っていました。
 

しかし、夜の洗顔だけはこだわっています。
ここ6~7年、毎日使っているのが
F.A.G.E. ブライトアップ ウォッシュ。

★F.A.G.E. ブライトアップ ウォッシュ(洗顔料)
http://www.suntory-kenko.com/skincare/fage/61002/

若いころ勤めていた会社の製品とあって、
2010年の発売開始と同時に使い始めています。
http://www.suntory.co.jp/company/history/timeline/index05.html


私は、なんでもケチケチに使うたちなのですが、
この洗顔料も同じ。

ネットの購入履歴を見ると、どうも1年に1本を使っているようです。

ただし、使い方は、最初に購入した時に、
サポートの方からの電話のアドバイスがあった通り、
「手のひらに、米粒くらいを出し、両手で泡立てて顔にあてる」
を遂行しているだけです。

米粒位の量でも、両手で十分に泡立ちます。

私は湯船の中で、洗顔をしているのですが、
その泡立てた洗顔料を両手で顔全体に軽くマッサージしながら
塗りたくります。そして更に顔の表面で泡立てながら洗顔します。

そしてそのあとは「豪快」に、
湯船全体のお湯を手ですくいながらすすぎます。
それはそれは、サッパリすっきり。

皮膚の細胞の芯の汚れまで洗い落されたスッキリ感です。
風呂上がりに鏡で見る私の顔はツッルツルです。


お風呂で顔を洗うたびにサポートの方の
「米粒くらいの量をしっかり泡立てて・・・」
というご指導を思い出します。

私はこの1本(3,000円)は1年で使いきっているようです。
  ちなみに、最後はお湯でチューブの残液を薄めて
  最後の最後まで使い切ります。
おそらく経験値からプラス1週間は使えます。


愛社精神だけで使い続けているわけではありません。
今日の記事の最初にも書いた通り、
私はこだわりをもって化粧品を使い分けています。

F.A.G.E. の洗顔料はコストパフォーマンスにおいて、
私がお勧めできる商品です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)